編入学受験体験記

京都文教大学臨床心理学科

私は心理系の大学に行きたかったので、思い切って編入学しようと思いました。
しかし心理の知識はもちろんの事、編入学のことも詳しく知らなかったのですが、知人の紹介で中央ゼミナールを教えてもらいました。

英語は少し自分では得意だと思っていたのもあり、心理学だけをとりあえず受講しました。

まずは自分がどれくらいのレベルかを知る判定テストをしてもらい、自分にあったレベルの授業を受けました。
もちろん、心理のことは皆無でしたのでマンツーマンで初歩的なことから教わりました。
しかし、先生が現役の心理に携わっている京大の大学院生の方で丁寧な教え方でしたので、みるみる知識が入りました。
また、受ける大学の問題の傾向も加味しながら授業してくれたので、それもかなり良かったです。
本番で焦ることなく解けました。

最初は得意だと思っていた英語も、受講が始まってから3ヶ月目に見てもらいました。
というのも心理は自分が想像していたより、専門の英語力が必要なので、今から思えば授業を受けていて良かったです。というより、受けていなかったら今ごろは…。

今から編入学しようと考えている人は目標に向かってがんばって下さい。
これから私は楽しい大学生活を送りたいと思います。
中央ゼミナールさん、合格に近づけてくれてありがとうございました。

リストへ戻る

ページトップへ