面接体験記

■ 名古屋大学 情報文化学部 社会システム情報学科 環境法経システム系

● 面接タイプ

個人面接(面接官4人:受験生1人)

● 所要時間

10分

● 面接の進行と質問内容
  • 留学先でどういう経緯で環境問題に興味を持ったのか
  • 具体的にどういうことを学んだのか
  • (上記の質問の返答に対して)環境に関する政治面と経済面どちらに興味があるか
  • 前大学ではどのような科目を学んだのか
  • 将来どういった進路、もしくは勤めたいのか
  • 他にどの大学を受ける予定なのか(試験とは無関係という前提で質問されました。)
● 雰囲気・印象・後輩へのアドバイス

環境問題の知識や時事については聞かれなかった。そこの学部に入学した後、自分がどういうことを学びたいのか、どういう進路を考えているのかを明確にしておいた方が良い。大学のHPの時間割や研究室紹介にも目を通しておくといい。

● 面接詳細
名古屋大学 情報文化学部
社会システム情報学科 環境法経システム系
名古屋大学 情報文化学部 社会システム情報学科 環境法経システム系 面接図

■ 名古屋大学 情報文化学部 社会システム情報学科

● 面接タイプ

個人面接(面接官2人:受験生1人)

● 所要時間

15分

● 面接の進行と質問内容
  • 名前、出身または在学大学名
  • 在学中の大学の学科では何をするところか具体的に述べる
  • 現在学んでいること以外で興味のあること
  • 在学中の大学で得たもの
  • 志望理由書に書いてあるやりたいことを具体的に詳しく述べる
  • もし合格したとしたら何をしていきたいか
  • 卒業後の進路について
  • なぜこの大学でこの学部、この学科なのか
  • 社会システムで何を学びたいか
  • 今の大学で学んでいることと違う分野にならないか
● 雰囲気・印象・後輩へのアドバイス

見た目厳しそうな方々でしたが、話してみたらとても気さくで素敵な方々でした。
私の質問に対する返答を聞いて大笑いしてくださいました。
とても自分の考えを話しやすい雰囲気でした。

自分の言いたいことを固めて、明確にはっきりと言うことが必要になります。

受験者は圧倒的にスーツの人が多かったですが、中にはTシャツにGパンという人がいて驚きました。

● 面接詳細

■ 名古屋大学 情報文化学部

● 面接タイプ

個人面接(面接官2人:受験生1人)

● 所要時間

15分

● 面接の進行と質問内容
  • 名前、出身または在学大学名
  • 在学中の大学の学科で何を学んだか
  • 何故教師を目指したか
  • プログラミングは出来るのか
  • 目標としている先生の印象とは
  • 数学で一番興味のある分野は
  • 併願校はあるか
  • 大学時代(私的時間含む)で一番がんばったこと など
● 雰囲気・印象・後輩へのアドバイス

質問の答えに対して、少し圧迫気味に質問される、の繰り返しでした。

終始面接官の二人の先生は厳しい口調だった。

私が質問を答えるとその答えを追い詰めるような質問をしてきたが、もっともな質問だと感じた。しかし根負けせず、しっかりと自分の意思や考えを答えるべきだと思う。

● 面接詳細
名古屋大学 情報文化学部
名古屋大学 情報文化学部 面接図

■ 名古屋大学 情報文化学部 社会システム学科

● 面接タイプ

個人面接(面接官2人:受験生1人)

● 所要時間

10分

● 面接の進行と質問内容
  • 名前、出身または在学大学名
  • 現在の大学の学科で何を学んだか
  • 何故本学を志願したのか(きっかけなど)
  • 本学入学後の研究についての理由や具体的な方法
  • 将来はどうするのか、大学院に行く可能性はあるか
  • 本学以外に受験している学校はあるか など
● 雰囲気・印象・後輩へのアドバイス

面接官が控え室に呼びにくる。

志望動機、研究計画、将来のことをある程度言えるようにしておけばOKだと思った。

私服で来た人も何人かいたが、やはりスーツがよいと思われる。

● 面接詳細
名古屋大学 情報文化学部
名古屋大学 情報文化学部 面接図

リストへ戻る