面接体験記

■ 愛媛大学 農学部

● 面接タイプ

個人面接(面接官5人:受験生1人)

● 所要時間

15分

● 面接の進行と質問内容
  • 志望動機
  • 口頭試問に入る前にいくつか個人的な質問
  • タンパク質について(アミノ酸、核酸、どうやってできるか、作用など)
  • 鉄、糖の代謝
● 雰囲気・印象・後輩へのアドバイス

口頭試問は自分の発した言葉から面接官が質問してくることもあるので、自分の言動に責任をもって話さなければならない。自分の発した言葉が面接官の専門分野の内容であれば、深く質問される。志望する学部が何に力を入れて研究しているか、教員の研究対象の内容を調べてその範囲を勉強しておくと良いかもしれない。私は質問にしっかり答えることができず諦めかけたが、最後に自分の好きな糖代謝について聞かれたので答えることができた。面接官と目を常に合わせる、分からない時はわかりませんとはっきりいうことが大事。

● 面接詳細
愛媛大学 農学部
愛媛大学 農学部 面接図

■ 愛媛大学 農学部 生物資源学科 資源・環境政策学コース

● 面接タイプ

個人面接(面接官4人:受験生1人)

● 所要時間

15分

● 面接の進行と質問内容
  • 志望理由
  • 志望分野に興味を抱いたきっかけ
  • 編入学試験に向けての勉強法
  • 他の大学と愛媛大学の相違点
  • もし自分の希望するコースがなくなった場合どうするか
  • 将来の進路(就職・大学院)
  • 自己アピール
● 雰囲気・印象・後輩へのアドバイス

筆記試験の出来からして合格は厳しいだろうと思い、開き直って面接を受けた。その結果、緊張することもなく面接試験を受けることが出来、合格することが出来た。良い意味で開き直る、ということも面接では大切なテクニックかもしれません。

● 面接詳細
愛媛大学 農学部
生物資源学科 資源・環境政策学コース
愛媛大学 農学部 生物資源学科 資源・環境政策学コース 面接図

リストへ戻る