面接体験記

■ 徳島文理大学 薬学部

● 面接タイプ

個人面接(面接官2人:受験生1人)

● 所要時間

個人面接:20分

● 面接の進行と質問内容
  • 志望動機
  • 現在何をしているか
  • 化学と生物の知識を問う口頭質問
  • 光学異性体とは何か、サリドマイドを例にホワイトボードで説明しなさい
  • 酵素とはどのような働きをしているか
  • アミノ酸の種類を知っているだけ書きなさい
● 雰囲気・印象・後輩へのアドバイス

試験は簡単ですが、面接は非常に難関です。面接慣れだけではなく、知識を書けるようにしておくことが大事だと思います。生物、化学、ともに勉強が必要で、有機化学が多めにきかれるため説明できるようにしておくと良いと思います。

● 面接詳細
徳島文理大学 薬学部
徳島文理大学 薬学部 面接図

■ 徳島文理大学 薬学部(4年次)

● 面接タイプ

個人面接(面接官4人:受験生1人)

● 所要時間

個人面接:30分

● 面接の進行と質問内容
  • なぜ編入を考えたのか
  • 子野地あがくを受けた理由
  • 大学で気になったこと
  • 勉強への熱意
  • こちらから大学への質問
● 雰囲気・印象・後輩へのアドバイス

質問中、面接官が気になったところをそのつど質問される。厳しく質問されるがきちんと答えると面接官の人も笑顔になってくれたので、変に誤魔化すのはやめたほうがいいと思います。

● 面接詳細
徳島文理大学 薬学部(4年次)
徳島文理大学 薬学部(4年次) 面接図

リストへ戻る