面接体験記

■ 大阪大学 文学部 英米文学・英語学専修 転部

● 面接タイプ

個人面接(面接官4人:受験生1人)

● 所要時間

15分

● 面接の進行と質問内容
  • 留学期間、(スウェーデン語を勉強していた当該受験者に対し)同言語を勉強しようと思った理由から尋ねられた。
  • 英語に関しては、英語で書かれた愛読書はあるか、その感想や興味深い点、英語に対する熱意等の説明が求められた。
  • 最後に、転部の理由を聞かれた。なお、「転部したいと思うようになった強いきっかけがないと、(試験を)通すわけにはいかない」と断った上で転部理由を聞かれたので、熱意を伝えることに主眼を置いた応答ができた。
● 雰囲気・印象・後輩へのアドバイス

基本的には和やかな雰囲気でした。一方で不意を突くような質問もたくさんありました。面接対策としては、応対の様子を録音・録画するなどして何度も自己分析を重ね、さらには親・友人等からの指摘を受けて完成させていった。面接では自信をもって穏やかな表情で臨みましょう。

● 面接詳細
大阪大学 文学部 英米文学・英語学専修
大阪大学 文学部 英米文学・英語学専修 面接図

リストへ戻る