面接体験記

■ 大阪大学 人間科学部 教育学専攻

● 面接タイプ

個人面接(面接官6人:受験生1人)

● 所要時間

5分

● 面接の進行と質問内容
  • 自己紹介
  • 志望理由
  • なぜ社会人入試ではなく3年次編入を選んだのか
  • 仕事をしながらどのように大学に通うのか
  • 卒業後どうしたいか
● 雰囲気・印象・後輩へのアドバイス

コミュ力を磨いて下さい。勉強したいと考えている先生の本は1冊は必ず読んで下さい。

● 面接詳細
大阪大学 人間科学部 教育学専攻
大阪大学 人間科学部 教育学専攻 面接図

■ 大阪大学 人間科学部 社会学専攻

● 面接タイプ

個人面接(面接官3人:受験生1人)

● 所要時間

15分

● 面接の進行と質問内容
  • 志望理由(3分程度)
  • 志望理由書について
  • どんな本を読んできたか
  • プロフィールについて
● 雰囲気・印象・後輩へのアドバイス

先に志望理由書を提出していることもあり、時間は短かったです。面接官が無愛想でも気圧されずに頑張って下さい!!

● 面接詳細
大阪大学 人間科学部 社会学専攻
大阪大学 人間科学部 社会学専攻 面接図

■ 大阪大学 人間科学部 社会学専攻

● 面接タイプ

個人面接(面接官4人:受験生1人)

● 所要時間

10分

● 面接の進行と質問内容
  • 名前・受験番号
  • 志望理由
    (元の専攻が歴史なので)なぜ社会学にしたのか、なぜ大阪大学なのか
  • 最近読んで感銘を受けた本
  • 卒業後どうするか
  • 就職するなら、興味のある分野はあるか
● 雰囲気・印象・後輩へのアドバイス

やはり筆記試験が重要だと思います。その結果いかんだと思いますが、私がもし面接で良い印象を残したとすれば、面接中に何人かの社会学者の名前を出したからだと思います。志望理由でミルズの社会学的想像力について述べ、研究したいことについて風間孝先生の論文に言及し、読んだ本で阪大出身の東園子先生の著書について話しました。

● 面接詳細
大阪大学 人間科学部 社会学専攻
大阪大学 人間科学部 社会学専攻 面接図

リストへ戻る