大学院入試基礎知識

[海外大学院基礎知識]

大学院は様々な人に門戸を広げ始めています

近年、社会の変動が著しく、それに伴って様々な社会問題が生じています。
諸問題に立ち向かうべく高度な学習が要求されており、そのため大学院の整備・充実が着実に進められてきました。

研究科の新設や既存の研究科における専攻の増設、受け入れ人数の拡大、またこれまでの研究者養成に加えて、職業人養成のための研究科を設けるなど、大学院は様々な人に門戸を広げ始めています。

では大学院試験とはどのような制度なのか、またどのような人が受験でき、何の試験が課されるのか。
大学院入試情報図書館では大学院入試について詳しく述べていきたいと思います。

大学院入試スケジュール

■1年前

  • 大学院入試について情報などを集め、具体的に考え始める
  • 大学の単位取得計画を立てておく
  • 院試の勉強に取りかかる

■10ヵ月前

  • 受験予定大学の大学院案内を取りよせたり、実際に足を運んだりして調べておく
  • 志望校を決定し、試験日程・科目・内容を確認する
  • 研究計画について文献などにあたる

■6ヵ月前

  • 第一志望校をかため、併願校を決める
  • 過去問題を取りよせ、入試傾向をつかむ
  • 苦手分野を克服しておく
  • 勉強については中だるみしやすい時期なので気をつけること
  • 研究計画書の概要を決め、取りかかる

■3ヵ月前

  • 併願校を確定する
  • 願書を取りよせる
  • 苦手分野を克服しておく
  • 基礎を終え、応用に取りかかる
  • 実力判定のために模試を受ける

■1ヵ月前

  • 願書を提出する
  • 遠方の大学を受ける場合は宿泊先を確保する(試験日程にもよる)
  • 面接・口述試験対策をする(模擬面接を受ける)
  • 研究計画書を仕上げて、願書と共に提出する
  • ラストスパート!

■1週間前

  • 受験票が届いていることを確認
  • 試験会場までのルートを調べる
  • 健康管理に気をつける
  • 試験勉強を終える

■試験前日

  • 明日の持ち物(腕時計、筆記用具、受験票)を準備する
  • 早めに寝る

■当日

  • 緊張せずに、今まで勉強し続けた実力が発揮できるように頑張る

大学院入試とは >

ページトップへ