大学院合格体験記

大阪教育大学大学院 教育学研究科 学校教育専攻

私が大阪教育大学大学院を志望したのは、幼児教育と幼児心理の両方が学ぶことが出来る大学院だったからです。

私は大学を卒業してから社会人を経験し、大学の科目履修生をしていました。そんな中大学院に行き、さらに勉強をしたいと思うようになりました。
そんな中、受験のサポートをしていただける予備校を探していた中で、中央ゼミナールを見つけました。

私は以前から英語が本当に苦手でした。
大学院受験も諦めかけていたくらいですが、中央ゼミナールに通い始めてから基礎の文法から教えていただいたお陰で、英語嫌いも直っていきました。

大切なことは、まず自分がどれだけ苦手でもやれるところまで頑張って勉強することが大事だと思います。

専門科目についてもある程度は大学の科目履修で学んではいましたが、知識の浅い部分もありました。

中央ゼミナールでは、先生方から対策や勉強方法についてなどの具体的で明快なアドバイスをいただくことが出来ました。
そんな中で自分の明確な目標を定めることができ、非常に自分のためになりました。

大学院進学後も中央ゼミナールで学んだことを忘れずに、将来の目標に向かって努力を続けていきたいと思っています。

過去の体験記へ

ページトップへ