大学院受験体験記

岡山大学大学院 自然科学研究科 生物資源学専攻

私は一度社会に出ていたので大学院は社会人の一時停止期間と認識して、同じ目標を持った仲間と研究ができる環境を探していました。

資源生物科学研究所は院生だけなので、自分のモチベーションを高めるのに最適な場所だと考えたので志望しました。

対策としては、英語は新聞などのコラムなどで常識を身につけるなどして勉強を進めました。
志望する大学院の過去問題の傾向を汲み取ることも必要です。
問題で分からない単語は別にノートに書いてオリジナルの単語帳を作ると効果的です。

専門に関しては、研究室の領域に合った教科書で勉強していくことが必要だと思われます。

私は受験まで働きながら勉強をしてきました。

中央ゼミナールではインターネットを使用したweb授業を受講していました。
その中で先生に直接質問することができ、自分の持っている疑問を授業中に解決することができたのが一番良かったと実感しています。

毎日自分のペースを保ちながら努力することを目指して頑張れば、合格への道が開けると思います。

これから大学院に入っても、いつも努力することを忘れずに将来の目標に向かって頑張って行きたいと思っています。

リストへ戻る

ページトップへ