面接体験記

■ 早稲田大学大学院 情報生産システム研究科

● 面接タイプ

個人面接(面接官3人:受験生1人)

● 所要時間

30分

● 面接の進行と質問内容
  • 志望動機など(10分)
    • なぜここの大学院なのか
    • なぜここの研究科なのか
    • 研究したい内容
  • 卒論の内容(5分)
    • 今後どのように展開していくのか
    • 研究する意味はあるのか
  • 数学の問題(5分)
    • 数学ⅠA(解の公式)、数学ⅡB(微分、積分)を黒板で解く
  • 英語の口頭試問(5分)
    • 簡単な質問される(「What's your hobby?」など)
● 雰囲気・印象・後輩へのアドバイス

3人の面接官は、1人は否定的な発言をし、1人は面接を進行し肯定的な発言をし、1人は英語で話してくる面接官でした。

志望動機と卒論の内容をきちんと整理しておけば大丈夫だと思います。大学院に入ってから必要な数学や英語の能力を聞かれましたが、今できなくても入学後についていけるようにそれまで勉強します、というやる気を見せることも大事でしょう。

● 面接詳細

早稲田大学情報生産システム研究科面接図

■ 早稲田大学大学院 情報生産システム研究科

● 面接タイプ

個人面接(面接官3人:受験生1人)

● 所要時間

30分

● 面接の進行と質問内容
  • 語学力はどの程度か
  • 奨学金はもらうか
  • 現在やっている研究について英語でやりとり(面接官のフォローあり)
  • 何故この大学を志望したのか
  • 黒板に書かれている微分、積分、代数問題を解く(面接官のフォローあり)
  • 志望動機について3人の面接官(異なる分野の教授)に具体的に話す
● 雰囲気・印象・後輩へのアドバイス

面接の雰囲気は普通でした。研究計画書をしっかりと書き、面接で話すときに内容が矛盾しないようにしてください。

● 面接詳細

早稲田大学情報生産システム研究科面接図

過去の体験記へ

ページトップへ