面接体験記

■ 同志社大学大学院 法学研究科 博士課程後期

● 面接タイプ

個人面接(面接官5人:受験生1人)

● 所要時間

30分

● 面接の進行と質問内容
  • 研究計画書の内容の説明(私の場合は適正手続について)
  • 学説
  • 税法上何がポイントになるか
  • 適正手続のどこの話か、裁量権 など
● 雰囲気・印象・後輩へのアドバイス

研究計画書の内容の説明は、必ず事前に練習して、実際に口に出して3分くらいでまとめておくこと。暗誦できるまでやったほうが良いと思います。

● 面接詳細

同志社大学法学研究科博士課程後期面接図

過去の体験記へ

ページトップへ