面接体験記

■ 京都文教大学大学院 臨床心理学研究科

● 面接タイプ

個人面接(面接官2人:受験生1人)

● 所要時間

25分

● 面接の進行と質問内容
  • どうしてこの院を選んだのか
  • 卒論と研究計画書について、今後の研究にどうつなげていくか
  • 興味のある心理療法はあるか
  • 臨床家として今後の展望は
  • 筆記試験の論文について
  • 心理学はどのように勉強したのか
● 雰囲気・印象・後輩へのアドバイス

かなり突っ込んだ質問をされました。

適当に答えたりしてしまうと、必ずボロがでるので事前にしっかり準備して、誠実に答えるのが大事だと思います。

臨床家としての心構えをみられているような気がしました。
また、面接官の机まで結構距離があるので、大きい声ではっきりと話した方が良いと思います。

● 面接詳細

■ 京都文教大学大学院 臨床心理学研究科 臨床心理学専攻

● 面接タイプ

個人面接(面接官2人:受験生1人)

● 所要時間

15分

● 面接の進行と質問内容
  • 受験番号・氏名
  • 志望理由について
  • 併願校の有無
  • 研究計画書について
  • 学部成績について
  • 入学後の生活について
  • 公認心理師資格取得の意思

研究計画書については、内容の具体的な説明や、実現性を質問されました。併せて、卒論についての質問もありました。

学部成績については、悪かった科目についての自己分析を聞かれました。

● 雰囲気・印象・後輩へのアドバイス

面接は時間ごとにグループに分かれていて、1グループ5人ずつで待機します。待ち時間が長いので、昼食や本などを持参すると良いと思います。

面接の雰囲気は和やかでした。担当する面接官によっては、面接官の先生の興味のある分野について特に聞かれることがあります。

● 面接詳細
京都文教大学大学院 臨床心理学研究科
臨床心理学専攻

■ 京都文教大学大学院 臨床心理学研究科(社会人)

● 面接タイプ

個人面接(面接官2人:受験生1人)

● 所要時間

30分

● 面接の進行と質問内容
  • 受験番号・氏名
  • 志望理由について
  • キャリアプランについて
  • 研究計画書について
  • 学費・家庭の理解など
● 雰囲気・印象・後輩へのアドバイス

特に特徴的な質問はなかったので、落ち着いて話すのが大切だと思う。

評価対象に卒業論文はなかったが、質問で内容を問われた。

● 面接詳細
京都文教大学大学院 臨床心理学研究科
臨床心理学専攻

■ 京都文教大学大学院 臨床心理学研究科

● 面接タイプ

個人面接(面接官2人:受験生1人)

● 所要時間

20分

● 面接の進行と質問内容
  • 研究計画について
  • 今後の進路プランについて
  • この大学をどこで知ったか、第一志望かどうか
● 雰囲気・印象・後輩へのアドバイス

面接官がそれぞれ聞きたいことを質問しているような雰囲気です。

研究計画については、卒論とどのように関わっているかを面接官に理解してもらうことが大切だと思います。

● 面接詳細
京都文教大学大学院 臨床心理学研究科
臨床心理学専攻

■ 京都文教大学大学院 臨床心理学研究科

● 面接タイプ

個人面接(面接官2人:受験生1人)

● 所要時間

15分

● 面接の進行と質問内容
  • 入学後の大学生活について
  • 志望理由
  • ボランティアの内容
  • 教育・医療分野以外で興味のある分野
  • 自分の長所・短所
  • 研究計画書について

研究計画書については、内容についてどのような具体的事例があるかを問われました。

卒業研究についてはほとんど問われませんでした。

● 雰囲気・印象・後輩へのアドバイス

面接の緊張感は、一度面接の雰囲気を知ると慣れることができます。

本番では、相手の目を見て、ハキハキ話すことを心がけました。自信を持って質問に答えれば、面接官の先生方に、気持ちが伝わると思います。

面接が苦手な人は、周りの人に協力してもらって面接練習するのがよいと思います。

● 面接詳細
京都文教大学大学院 臨床心理学研究科
臨床心理学専攻

■ 京都文教大学大学院 臨床心理学研究科

● 面接タイプ

個人面接(面接官2人:受験生1人)

● 所要時間

15分

● 面接の進行と質問内容
  • 志望理由
  • 併願校の有無
  • 入学後の大学生活について
  • 留学について
  • 研究計画書について
  • 帰国してからについて
  • 入学にあたって不安に思うことがあるか
  • 入学してしたいこと

入学後については、海外大学卒の自分の経歴に配慮してくださりました。必要に応じて学部授業の受講が必要になるかもしれないことを聞かれました。

また、入学後に大学の臨床心理センターで働くことについても質問されました。

● 雰囲気・印象・後輩へのアドバイス

緊張を強く感じるような雰囲気ではなく、和やかな面接でした。

研究計画書や履歴書の志望動機欄に書いていた、希望教官の方が面接官としていらっしゃいました。他の面接官の方も、大学院の説明会などでお会いした先生方でしたので、当日はリラックスして面接できたと思います。

オープンキャンパスや進路フェアなどに参加するのはチャンスだと思います。

● 面接詳細
京都文教大学大学院 臨床心理学研究科
臨床心理学専攻

■ 京都文教大学大学院 臨床心理学研究科

● 面接タイプ

個人面接(面接官2人:受験生1人)

● 所要時間

15分

● 面接の進行と質問内容
  • 志望理由
  • 卒論について
  • 研究計画書について
  • 試験の出来について
  • 将来の進路について
● 雰囲気・印象・後輩へのアドバイス

受験生は4グループに分かれて面接を行います。それぞれのグループによって担当する面接官の聞き方が異なりますが、自信を持って質問に答えられるようにすることが大切です。

分からない質問には、その場で考えて回答するより、「わかりません」と答えることが大切だと思います。

● 面接詳細
京都文教大学大学院 臨床心理学研究科
臨床心理学専攻

■ 京都文教大学大学院 臨床心理学研究科

● 面接タイプ

個人面接(面接官2人:受験生1人)

● 所要時間

15分

● 面接の進行と質問内容
  • 志望理由について
  • 研究計画書の説明
  • 卒論の説明
  • 併願校の有無
  • 心理学をどのように学んだか
  • ボランティア経験の有無
  • 臨床心理学の志望動機
● 雰囲気・印象・後輩へのアドバイス

特に強く緊張もせず、普通の雰囲気の面接だった。

自分が考えていることを回答するのが大切だと思う。分からないことには分からないと正直に答えるのが一番だと思う。

● 面接詳細
京都文教大学大学院 臨床心理学研究科
臨床心理学専攻

過去の体験記へ