面接体験記

■ 京都教育大学大学院 学校教育専攻 教育臨床心理コース

● 面接タイプ

グループ面接(面接官2人:受験生5人)

● 所要時間

15分

● 面接の進行と質問内容

事前に別室で課題を提示され、15分程度で自分の意見をまとめる。

課題は、「医療・福祉施設のカウンセラーと、学校におけるスクールカウンセラーの違い」について。

面接室で、思いついた人から挙手して答える。

● 雰囲気・印象・後輩へのアドバイス

受験者全員が受けるので、試験の延長という色合いが強く、雰囲気は厳しく感じた。

課題に関しては、できるだけ多角的な視点を持つことが求められる。

皆緊張しているので、落ち着いて、頭の中を整理して答えるのが大切だと思う。発言する際は、他人の意見を尊重したうえで、自分の考えを簡潔に言う。

● 面接詳細
京都教育大学大学院 学校教育専攻
教育臨床心理学コース 京都教育大学大学院 学校教育専攻 教育臨床心理コース

面接体験記

■ 京都教育大学大学院 学校教育専攻 教育臨床心理コース

● 面接タイプ

グループ面接(面接官2人:受験生5人)

● 所要時間

15分

● 面接の進行と質問内容

医療・福祉施設のカウンセラーと、学校におけるスクールカウンセラーの違いをディスカッションした。

● 雰囲気・印象・後輩へのアドバイス

言いたいことは積極的に言うべきだと思った。

● 面接詳細
京都教育大学大学院 学校教育専攻
教育臨床心理学コース 京都教育大学大学院 学校教育専攻 教育臨床心理コース

■京都教育大学大学院 学校教育専攻 教育臨床心理コース

● 面接タイプ

グループ面接(面接官2人:受験生5人)

● 所要時間

15~20分

● 面接の進行と質問内容

事前にテーマが出された上での集団討論形式。

テーマは「いじめの相談で、相談機関を訪れた(一人で)母親へのインテーク面接で、面接者が気をつけるべきこと」。「一人ずつ手を上げて、自由に意見をおっしゃってください」と教示され始まる。

● 雰囲気・印象・後輩へのアドバイス

面接の雰囲気は普通で淡々と進む。具体的に根拠をもって自分の意見を述べられるようにしておく。他人の意見も組んで周りの空気を読むことが重要。

● 面接詳細
京都教育大学大学院 学校教育専攻
教育臨床心理学コース 京都教育大学大学院 学校教育専攻 教育臨床心理コース

■ 京都教育大学大学院 学校教育専攻 教育臨床心理学コース

● 面接タイプ

グループ面接(面接官2人:受験生5人)

● 所要時間

20分

● 面接の進行と質問内容
  • 試験結果関係なく全員面接

「学校の危機管理について、スクールカウンセラーなどの心理専門職者ができる可能性と限界」という課題を、まず控え室で公表され、20分間各自考えをまとめました。
その後面室において20分間議論しました。

面接官による質問は一切なくグループでの議論のみでした。

● 雰囲気・印象・後輩へのアドバイス

面接室はとても小さな部屋で、大きな声で話す必要もなく、かつぜつに注意して話しました。

「自由に議論してください」としか言われないため、誰がリーダーシップをとるか迷いますが、20分という時間は意外に短いため、無駄な時間は省くようにした方が良いと思います。

素の自分を見てもらう場なので、自分の意見はしっかり述べてきました。
熱くなりすぎて他者の意見を聞かずに、主張ばかりすることには気をつけてください。

自由に真剣に討論すれば良いと思います。

● 面接詳細
京都教育大学大学院 学校教育専攻
教育臨床心理学コース 京都教育大学大学院 学校教育専攻 教育臨床心理学コース

■ 京都教育大学大学院 学校教育専攻 教育臨床心理学コース

● 面接タイプ

グループ面接(面接官2人:受験生5人)

● 所要時間

20分

● 面接の進行と質問内容
  • 「学校と危機管理について、スクールカウンセラーなどの心理専門職者ができる可能性と限界」というテーマが控え室で公表され、20分間各自で考えをまとめる。
  • 上記のテーマで、受験者同士で20分間議論
    (面接官の質問は一切なく、グループでの議論のみ)
● 雰囲気・印象・後輩へのアドバイス

「自由に議論して下さい」としか言われないため、誰がリーダーシップをとるか迷いますが、20分という時間は意外に短いため、無駄な時間は省くようにした方が良いと思います。

自分の意見はしっかり述べるという点を心がけました。
しかし、議論に熱中しすぎて、他者の意見を聞かず、自分の主張だけにならないよう気をつけて下さい。

自由に真剣に討論すれば良いと思います。

● 面接詳細
京都教育大学大学院 学校教育専攻
教育臨床心理学コース 京都教育大学大学院 学校教育専攻 教育臨床心理学コース

■ 京都教育大学大学院 学校教育専攻 教育臨床心理学コース

● 面接タイプ

グループ面接(面接官2人:受験生5人)

● 所要時間

20分

● 面接の進行と質問内容
  • 第一控室から第二控室に移動し、集団討論のテーマが発表される。その後、面接室に入って、テーマに沿った自由討論を行う。
  • テーマは、「学力不振で初めて心理相談室を訪れた中学生の保護者に対し、初回面接においてどのような点に注意すべきと考えるか」であった。
● 面接詳細
京都教育大学大学院 学校教育専攻
教育臨床心理学コース 京都教育大学大学院 学校教育専攻 教育臨床心理学コース

過去の体験記へ