面接体験記

■ 帝塚山大学大学院 人文科学研究科 臨床社会心理学専攻

● 面接タイプ

個人面接(面接官2人:受験生1人)

● 所要時間

15分

● 面接の進行と質問内容
  • 志望動機
  • 音楽療法(将来は音楽療法士 or 臨床心理士のどちらに就くのか)
  • どのように勉強していくのか(私の場合は音楽療法を学んでいるので、院でも勉強したいか、どうやって勉強するのか等)
● 雰囲気・印象・後輩へのアドバイス

とても和やかな面接で、15分はあっという間でした。
あまりにも和やかな雰囲気なので、面接配点が200点だからといって気合を入れすぎたら空回りすると受験者が言っていました。

帝塚山はアドベンチャーや動物カウンセリングが有名なので、「多面的に心理学を勉強したいです」と言ったら、「あなたはすでに音楽用法という独自の分野をお持ちな上に、多面的に幅広い視野で学ぼうとする学生は、うちの大学院でとても魅力的です」と言ってくれました。

● 面接詳細
帝塚山大学大学院
人文科学研究科 臨床社会心理学専攻 帝塚山大学大学院 人文科学研究科 臨床社会心理学専攻 面接図

■ 帝塚山大学大学院 人文科学研究科 臨床社会心理学専攻

● 面接タイプ

個人面接(面接官2人:受験生1人)

● 所要時間

20分

● 面接の進行と質問内容
  • 志望動機
  • 研究計画書に沿った質問
  • 自身のオリジナリティ
  • 併願校の有無
  • 卒論について
● 雰囲気・印象・後輩へのアドバイス

受験生の素の様子を見たいのか、面接は非常に和やかな雰囲気でした。控室でも、繰り返し、リラックスしていてほしいと言われました。

面接官の先生は、片方が研究計画書に合った先生方が担当されており、もう片方の先生が補足的な質問をされていました。

志望理由を一言で述べられるようにしておくこと、研究計画書について答えられるようにしておくことが重要だと思います。

● 面接詳細
帝塚山大学大学院
人文科学研究科 臨床社会心理学専攻 帝塚山大学大学院 人文科学研究科 臨床社会心理学専攻 面接図

過去の体験記へ