面接体験記

■ 甲南大学大学院 人文科学研究科 人間科学専攻

● 面接タイプ

個人面接(面接官3人:受験生1人)

● 所要時間

10~15分

● 面接の進行と質問内容
  • 志望理由
  • 学部でジャック・ラカンを学ぶのは難しくなかったか
  • どのようなクライエントと関わりたいか、それはなぜか
  • ラカンという哲学的な研究が臨床心理にどのように関わると思うか
  • 自身の経歴で空白の部分は何をしていたのか
● 雰囲気・印象・後輩へのアドバイス

それほど和やかではないですが、厳しすぎる感じではない雰囲気の面接でした。

自分の研究がクライエントと関わる際にどのように役立つかについてよく考えることが大切だと思います。がんばってください。

● 面接詳細
甲南大学大学院 人文科学研究科
人間科学専攻 甲南大学大学院 人文科学研究科 人間科学専攻 面接図

■ 甲南大学大学院 人文科学研究科 人間科学専攻

● 面接タイプ

個人面接(面接官3人:受験生1人)

● 所要時間

10分

● 面接の進行と質問内容
  • 志望理由
  • 学部で在籍する大学と違う大学を受ける理由
  • 現在在籍する大学はどのようなところか
  • 卒論について、卒論のテーマに興味を持ったきっかけ
  • 修論で何をしたいか
  • 臨床心理士になってどこで働きたいか
  • 併願校の有無・併願校も合格した場合、どこに進学するか
  • 今日の試験の出来について
● 雰囲気・印象・後輩へのアドバイス

卒論・修論については深く質問されます。テーマの選定理由や、方法についても明確にするのがよいと思います。私は、面接官の中に、私の取り組むテーマと同様の研究をされている先生がおられ、修論の調査対象などまで詳しく質問されました。

試験合格者のみですが、筆記を受けに来ていない受験生以外全員面接を受けていたと思います。

3グループに分かれ待機し、短時間で面接は終わりました。

● 面接詳細
甲南大学大学院 人文科学研究科
人間科学専攻 甲南大学大学院 人文科学研究科 人間科学専攻 面接図

過去の体験記へ