心理大学院検索
私立
近畿地方 / 大阪府

帝塚山学院大学大学院

人間科学研究科
臨床心理学専攻(専門職学位課程)

高度な実践力を備えた
「心の専門家(臨床心理士)」を育成します

臨床心理士公認心理師
専門職大学院

入試時期

年2回(9月、2月)

募集人数

前期:20名
後期:若干名

出願期間

Ⅰ期:2019年8月19日(月)~9月4日(水)
Ⅱ期:2020年1月27日(月)~2月12日(水)
※持参の場合は受付終了日の次の日、16:00まで

試験日

Ⅰ期:2019年9月8日(日)
Ⅱ期:2020年2月16日(日)

試験科目

(1)一般入試
・外国語(英語)、専門科目、面接
(2)社会人入試
・面接、専門科目

提出書類

心理臨床実践レポート
※心理臨床実践への自らの課題についてA4用
 紙800字~1000字程度で作成する。

社会人入試

■出願資格
・出願時までに4年制大学卒業後、社会福祉施設、医療機関、教育・研究機関、国および地方公共団体のいずれかにおいて3年以上の心理相談関連の就業経験を有する者。

合格発表日

Ⅰ期:2019年9月13日(金)
Ⅱ期:2020年2月21日(金)

応募状況

■過去の入試結果
※()はうち社会人の数

【平成28年度(一般)】
1期:志願者21名、合格者15名
2期:志願者10名、合格者3名

【平成28年度(社会人)】
1期:志願者4名、合格者2名
2期:志願者3名、合格者2名

【平成27年度】
1期:志願者30名、合格者15名
2期:志願者10名、合格者4名

【平成26年度】
1期:志願者33(1)名、合格者21(0)名
2期:志願者10(3)名、合格者4(2)名

入試説明会

【大学院 人間科学研究科 臨床心理学専攻「2019年度公開講演・シンポジウム」ご案内【進学相談会 同時開催】】

帝塚山学院大学大学院人間科学研究科臨床心理学専攻では、「心理臨床教育における専門職大学院の意義」と題して、公開講演・シンポジウムを以下のとおり開催いたします。

将来、臨床心理士/公認心理師として活躍を希望しておられる方、心や発達の問題に関心をお持ちの市民の皆様、各領域でご活躍の心理職並びに他領域専門職の方など、多くの方のご参加をお待ちしております。

日時:2019年8月24日(土)14:00~18:00(受付13:30~)

会場:帝塚山学院大学 泉ヶ丘キャンパス415教室

【2019年 帝塚山学院大学 入試相談会日程 大学院】


●河合塾KALS主催「進学ガイダンス&個別相談会 心理職進学フェア 大阪会場」
 2019年5月26日(日) 11時00分~16時30分
  個別相談会は、13時00分~16時00分
   場所:河合塾KALS新大阪校
        大阪府大阪市東淀川区西淡路1-3-12
         新大阪ラーニングスクエアビル

●心理系大学院進学フェア in 大阪 (有)ジーベック主催
  2019年7月20日(土)
    場所:AP大阪梅田茶屋町(ABC-MART梅田ビル8F)

研究科の概要・特色

高度な専門的知識と技能を身につけ、多くの臨床経験を積むことにより、あらゆる臨床現場に即応しうる高度な心の専門家(臨床心理士・公認心理師)をめざします。

求める人材

・幅広い教養と向上心を常に持ち、厳しい心理臨床の修練を乗り越えていく力があること。
・社会人としての良識と対人援助を行う専門家としての倫理意識が高いこと。
・人間に対する深い関心と理解力を持ち、安定した思考力と対人関係能力を維持できること。
・臨床心理学の実践活動家としての高度専門職業人(臨床心理士・公認心理師)をめざす明確な意欲があること。

担当教員

●西川 隆蔵 教授
【研究分野】人格心理学・臨床心理学
パーソナリティを人と人との関係性という観点から捉えることから、関係性の変容が自己意識(特に児童期、青年期の)にどのような影響を与えるのか、について臨床実践を通じて明らかにしていく。

●大堀 彰子 教授(実務家教員)
【研究分野】臨床心理学(主に児童・思春期の心理臨床)
「この人に対してのこの臨床心理士にできることは何か」という視点から「この場にいる(来た)この人に対して、この場にいるこの臨床心理士にできることは何か、できないことはどうするのか」に視点をひろげ、各自の実習体験を一緒に考え続ける時間にしたいと思っています。

●伊藤 良子 教授
【研究分野】幼児から成人に至る様々な年代の心理臨床の実践と研究
人間の成長や変容をもたらす心理臨床の基盤となるのは、深い次元の信頼関係です。その樹立は容易ではありません。如何にして可能になるのか、事例研究を通じてクライエントから学び続けることが重要だと考えております。

●鈴木 千枝子 教授
【研究分野】心理療法・心理アセスメント
病院臨床の分野で、心理療法・心理アセスメントに携わってきました。心理療法のなかでも、特に精神分析的なアプローチに関心を持ち、クライエントとセラピストの相互交流の視点から心理臨床を深めていきたいと思っています。

●中野 祐子 准教授
【研究分野】心理臨床とイメージ
心理臨床の場では何が起こっているのか、と素朴な疑問を持ち続けています。臨床実践の中で、体験してはいてもなかなかことばにならない、けれどやっぱり重要なことがらについて考えています。特に、見立て、イメージに関心があります。

●田中 優子 専任講師(実務家教員)
【研究分野】臨床心理学(主に情緒発達、子育て、子ども虐待)
長年子どもの分野に携わり、現在は福祉、保健、教育、医療の分野で臨床。どのような問題も、クライエントの心の治療、成長のために、臨床心理士ができることを専門性をもって考え続けていくことを大切にしています。

●広瀬 隆 教授
【研究分野】分析心理学・力動心理療法
ユング心理学と精神分析の系譜の接点に関心を払いながら、精神力動的な心理療法を実践しています。こころの中のさまざまなありようを「こころの現実」ととらえて、より意味深く充実感をもって生きていける道筋を探っていきたいと思っています。

●深尾 憲二朗 教授
【研究分野】臨床精神医学・精神病理学
心の病の本質を問う精神病理学を研究することによって、臨床精神医学と臨床心理学と共通ぼ基盤を探究している。さらに精神病理学の拠って立つ基礎を求めて、現代的な人間学の構築をめざしている。

●森田 慎 教授
【研究分野】臨床心理学・心理療法(箱庭療法・心身症の治療など)
言語的面接に加え、箱庭や夢などを媒介する心理療法も行っています。授業では、現場での体験を基盤にして個々の事例について考えてゆきます。

●井上 嘉孝 准教授
【研究分野】臨床心理学(特に夢分析、イメージとの関わり)
心理臨床過程や夢のなかであらわれるイメージ、とりわけ恐ろしいイメージとの関わりにおいて、私たちのこころがどのように変化するのか、その可能性および危険性と限界について理解を深めること。

●猪股 剛 准教授
【研究分野】臨床心理学・ユング心理学
授業では事例研究を通じて臨床とは何かを考え、面接実践を磨いていきます。研究では、ユングや河合隼雄の心理学を下敷きとして「アーティスティックなもの」、「思考すること」、「集団の心と共同性」等に取り組んでいます。

所在地・連絡先

〒590-0113
大阪府堺市南区晴美台4-2-2 

アドミッションセンターTEL:072-296-1331
WEB:http://www.tezuka-gu.ac.jp/faculty/graduate/clinical_psychology/

地図

ページトップへ