心理大学院検索
以下の説明会日程は過年度のものです。新年度の情報が公開され次第更新します。
私立
通信
通学過程はこちら
近畿地方 / 京都府

佛教大学大学院(通信教育課程)

教育学研究科
臨床心理学専攻

これまでに多くの臨床心理士を 輩出するとともに高度な能力の 育成に力を入れています。

臨床心理士公認心理師
第一種

入試時期

年2回(9月、2月)

募集人数

6名

出願期間

9月入試:2019年8月15日(木)~8月28日(水)
2月入試:2020年1月 7日(火)~1月20日(月)

試験日

9月入試:2019年9月14日(土)
2月入試:2020年2月15日(土)

試験科目

専門(英語の能力を問う問題を含む)、面接試験(専門試験合格者のみ)

提出書類

修士課程課題(卒業論文要旨等)

合格発表日

9月入試:2018年10月1日(火)
2月入試:2019年2月26日(水)

応募状況

■過去の入試結果
【2018年度】
 9月入試:志願者20名、合格者4名
 2月入試:志願者29名、合格者2名

【2017年度】
 9月入試:志願者27名、合格者4名
 2月入試:志願者26名、合格者2名

【2016年度】
 9月入試:志願者26名、合格者4名
 2月入試:志願者31名、合格者2名

【2015年度】
 9月入試:志願者23名、合格者3名
 2月入試:志願者40名、合格者3名

【2013年度】
 9月試験:志願者16名、合格者 3名
 2月試験:志願者31名、合格者 2名

入試説明会

以下の情報は過年度のものです。
本学大学院進学を検討しておられる本学学部在学生と一般の方を対象に、以下のとおり、大学院進学説明会を開催します。

●日時:
平成30年8月4日(土)16:00~17:30

●会場:
本学紫野キャンパス 成徳常照館(図書館)5階 常照ホール

●内容:
・専攻別個別相談会
 ※専攻別のブースで教員が入学後の研究指導等についての相談に応じます。
・資料コーナー(願書、過去問題)

研究科の概要・特色

【「臨床心理士・公認心理師」養成に対応したカリキュラムを展開。心の専門家に求められる高度な能力を育成します。】
《臨床心理学専攻》のカリキュラムは、心の病の改善と心の健康生活に寄与しようとする臨床心理学に基づき構成されています。専任指導教員(臨床心理士有資格教員、医師有資格教員含む)に加え、本学所属の臨床心理学研究センターにおける臨床心理士有資格専門スタッフが助言・指導を行います。また、心の専門家である「臨床心理士」の資格取得のための受験資格が本専攻の修了により付与されるようになっています。2018年度からは「公認心理師」の養成も開始しました。博士後期課程では研究者養成を目的とした教育も行われています。

求める人材

(1)「臨床心理士・公認心理師」として教育、医療、福祉、
  その他の領域で働く高度専門職業人を目指す人
(2)臨床心理学、心理臨床学の高度な知識や能力を備えて、
  博士課程に進学し、研究者や教育者を目指す人

担当教員

●荒い 真太郎(臨床心理学,心理療法)
青年期の発達、自己愛パーソナリティ、家族心理

●石岡 千寛(小児医学、病院心理臨床、障害児心理)
病気の子どもとその家族への心理的・社会的支援、障害を持つ子どもとその家族への心理的・社会的支援

●近藤 日出夫(犯罪心理学、非行臨床心理学)
凶悪犯罪に関する研究、犯罪者・非行少年の心理査定に関する研究

●鈴木 康広(ユング心理学、精神心理学)
箱庭療法、夢分析、描画療法、精神医学(病態水準の見立てと夫々の精神力動的理解)

●高橋 伸彰(健康科学、行動科学)
衝動性、依存・嗜癖、コミュニケーション

●中道 泰子(臨床心理学、箱庭療法)
箱庭療法の研究、心理臨床における「関係性」の研究

●真栄城 輝明(心理臨床学、内観療法学)
心理療法としての内観研究、嗜癖問題(アルコール・ギャンブル・ネット依存や摂食障害など)、家族問題(DV被害者・科学者の回復)

●牧 剛史(臨床心理学、心理療法学)
夢に関する臨床心理学的研究、学校臨床の実践と研究

●松瀬 喜治(心理査定(投影法検査)、描画テスト・描画療法)
描画法における臨床イメージ、ロールシャッハ法と描画法のコラボレーション、対象関係技法(ORT)の心理臨床的適用

●免田 賢(行動療法、臨床心理学)
発達障害のある子どもとその家族への支援、児童・思春期の精神障害・発達障害に対する援助

所在地・連絡先

〒603-8301
京都市北区紫野北花ノ坊町96

入試部TEL:075-491-2141(代表)
WEB:http://tsushin.bukkyo-u.ac.jp/course/master/

地図

ページトップへ