心理大学院検索
以下の説明会日程は過年度のものです。新年度の情報が公開され次第更新します。
私立
通信
通学過程はこちら
関東地方 / 東京都

東京福祉大学大学院(通信教育課程)

心理学研究科
臨床心理学専攻

適切なケアができる実践力の高い 臨床心理の専門家を養成します。

臨床心理士公認心理師
第一種

入試時期

年3回(9月、12月、2月)

募集人数

10名

出願期間

1期:2019年8月9日(金)~8月23日(金)
2期:2019年11月5日(火)~11月14日(木)
3期:2020年1月14日(火)~2月5日(水)

試験日

1期
・一次:2019年9月7日(土)
・二次:2019年9月19日(木)
2期
・一次:2019年11月30日(土)
・二次:2019年12月12日(木)
3期
・一次:2020年2月22日(土)
・二次:2020年3月12日(木)

試験科目

1次(書類選考合格者のみ):小論文、英語(事前希望者に本学より辞書の貸し出し可能、貸し出す辞書以外の使用は不可)
2次(1次選考合格者のみ):面接

提出書類

希望研究テーマ記入用紙・志望理由書(いずれも本学所定の用紙)

合格発表日

1期
・書類:2019年8月31日(土)
・一次:2019年9月14日(土)
・二次:2019年9月26日(木)
2期
・書類:2019年11月22日(金)
・一次:2019年12月7日(土)
・二次:2019年12月20日(金)
3期
・書類:2020年2月15日(土)
・一次:2020年2月29日(土)
・二次:2020年3月19日(木)

入試説明会

以下の情報は過年度のものです。
【東京福祉大学 2018年オープンキャンパス】
・・・大学内容や教育・心理・福祉・保育の分野についてよくわかる!・・・
東京福祉大学のオープンキャンパスは、より東京福祉大学について知ることができるイベントです。
たくさん参加する在学生の先輩たちとのふれあいや、学生参加型・対話型の授業体験のなど、
短い時間でさまざまなプログラムを受講し、大学のこと、資格や仕事のこと、いろいろなことがわかります。
ぜひ、将来の進路選びの一つとして、オープンキャンパスに気軽にご参加ください!

※開始時刻は日程・キャンパスによって違います。詳細は大学HPをご覧ください。
※申込みをしていない場合も空席があれば参加可能ですが、席を確保いたしますので、できるだけ事前の申込みをお願いします。

[池袋キャンパス]
日程:2018年10月20日(土)

[伊勢崎キャンパス]

日程:2017年11月25日(土)
会場:東京福祉大学伊勢崎キャンパス


[名古屋キャンパス]

日程:2018年9月22日(土)
   2018年10月6日(土)
   2018年11月3日(土)
   2018年12月22日(土)
   2019年1月26日(土)
   2019年2月23日(土)
会場:東京福祉大学 名古屋キャンパス広報センター

[説明会の内容]
・東京福祉大学グループの概要
・学習形態・学習方法
・取得資格、国家試験対策について
・受講資格、学費、入試について
※個別に相談できる時間も設けています。

研究科の概要・特色

人がよりその人らしく生きていけるよう力を尽くしたい方へ

 臨床心理士の仕事は、「こころ」の問題で悩んでいる人々に対して臨床心理学にもとづく理論や技術を用いて、心理的援助を行うところのものです。その人の「こころ」を理解しながら、価値観を尊重しつつ、その人に合った支援を行うことが求められます。仕事は簡単ではありませんが、人に関わり、人がその人らしく生きていけるように自己実現の手伝いをしたいと考えている人には、ぜひ本研究科で学んでいただきたいと思います。

求める人材

東京福祉大学大学院では、学生に対し、高度な専門的読解力、文章力、精深な学識と、論理的、学問的な思考力、研究能力、問題発見・解決能力の獲得をめざし、卒業までに確実に学生の学問的能力を高められるよう、「講義」「演習」などを通して、双方向対話型の教育を実践するとともに倫理規定に沿った「調査」を行っている。また、学生個人の学習に対する強い意欲や将来の目標への熱意、学問領域への関心があり、国際社会を生きる各分野のリーダーとして高潔な人格形成を目指している。
本大学院の人学者選抜試験では、こうした国際感覚や研究意欲があり、学び続けることができる能力を持った学生を選抜することに主眼を置いている。「読む力」「論理的思考力」「書く力」など、学問・研究に必要な基礎的な能力について、受験時の実力だけでなく入学後の能力の伸長の可能性をも見出すことを目的とし、選抜試験を実施する。
本大学院では、次にあげるような学問・研究に必要な基礎的な能力と人間性がある人材を求めている。  

1.東京福祉大学院の実践的・効果的な教育を継続して学び、高度な専門的読解力、文章力、精深な学識と、論理的、学問的な思考力、研究能力、問題発見・解決能力の獲得を目指そうとする意欲がある者
2.各分野の学問的・実践的リーダー的な人材になりたいという強い熱意がある者
3.教養を生かし、他人を大切にする「やさしさ」、「思いやり」及び「人間性」がある者

担当教員

●鶴 光代 教授(心理学研究科長 臨床心理士)
・心理療法における体験様式に関する研究
・臨床動作法における援助技法と効果に関する研究
・催眠法における心理療法要因に関する研究

●鈴木 康明 教授(心理学部長)
・臨床死生学
・遺族ケア
・芸術療法

●手島 茂樹 教授(臨床心理士)
・病的傾向のあるクライエントへのセラピーだけでなく、心の成長を目指す開発的カウンセリングに属する領域、すなわちサイコエディケーションに関するもの
・理論領域; 生活分析的カウンセリング法、来談者中心療法、認知行動療法(特に論理療法)
・場面領域; 学校教育、家庭、職場

●中里 克治 教授(臨床心理相談室長 臨床心理士)
・老年心理学(老年期における知能とパーソナリティについて)

●石川 清子 教授
・比較文化研究:異文化が人間行動に与える影響、異文化不適応における人間関係パターン
 の比較文化、異文化適応におけるソーシャルサポート等、文化と人間行動を探求する研究
・学校における人間関係と動機づけに関する研究:学習不適応児における人間関係と動機づ
 け、家族関係と達成意欲、子どものアイデンティティと動機づけ等、その因果関係を調査
 する研究
・エスノグラフィー・現象学的な質的研究法:多角的領域に渡るデータ収集による質的な
 研究による、事例研究・参加観察に焦点を置いた研究

●太田 信夫 教授
・認知心理学、特に記憶の領域
・教育心理学、特に学習の領域

●久保 貴 教授
・犯罪心理学
・更生保護
・実験心理学
・計量分析・統計解析

●大澤 靖彦 准教授(臨床心理士)
・学校における児童・生徒、保護者、教員に関することで、治療的なものよりも教育的視点にたったかかわりについて
具体的には、人間関係づくり・クラスづくり(対人関係ゲーム・クラスで行うソーシャル・スキル・トレーニング)・教員のストレス・適応指導教室など
・理論領域:行動療法、来談者中心療法、システムズ・アプローチ

●岡本 香 准教授
・社会心理学:コンピュータを介したコミュニケーション(CMC)における対人認知、対人コミュニケーションの心理的機制

●加藤 宏一 准教授
・認知心理学:学習と記憶
・記憶に関する実験的研究:忘却と抑制機能、記憶高進、メタ記憶、記憶と感情、記憶と加齢

●新井 雅人 講師(臨床心理士)
・臨床心理学
・実験心理学

●大島 朗生 講師(臨床心理士)
・心理療法
・心理アセスメント
・学生相談

●齋藤 瞳 講師(臨床心理士)
・心理療法におけるエビデンス・ベースト
・ストレス性疾患・生活習慣病を対象とした心身医学的介入
・チーム医療における心理士の役割

●松坂 秀雄 講師(臨床心理士)
・集中的グループ体験におけるファシリテーションの在り方
・不登校児童・生徒に対する心理的支援

●武内 智弥 助教(臨床心理士)
・心理臨床学
・臨床動作学(臨床動作法)
・リハビリテイション心理学(心理リハビリテイション・心理リハビリテイションキャンプ)

所在地・連絡先

〒170-8426
東京都豊島区東池袋4-23-1

入学課TEL:03-3987-6602
WEB:http://www.tokyo-fukushi.ac.jp/graduateschool/correspondence.html

地図

ページトップへ