心理大学院検索
以下の説明会日程は過年度のものです。新年度の情報が公開され次第更新します。
国立
中国地方 / 岡山県

岡山大学大学院

社会文化科学研究科
人間社会文化専攻

学校現場における今日的諸問題に 効果的に対応できる臨床心理士の育成

臨床心理士公認心理師
第一種

入試時期

年2回(8月,2月)

募集人数

人間社会文化専攻全体で30人

出願期間

8月募集:2019年7月8日(月)~7月12日(金)

※2020年度入学者の2月入試の日程はまだ発表されていません。
2月募集:2019年1月9日(水)~1月15日(火)

試験日

8月募集:2019年8月23日(金)

※2020年度入学者の2月入試の日程はまだ発表されていません。
2月募集:2019年2月15日(金)

試験科目

【研究深化プログラム 心理学講座】
心理学,英語,口述試験
【高度人材育成プログラム 心理専門職育成プログラム】
心理学,口述試験

提出書類

研究計画書

社会人入試

■出願資格
出願時に2年以上の社会人としての経験がある者。
その他は要項参照。

■試験科目
【研究深化プログラム 心理学講座】
心理学,口述試験
【高度人材育成プログラム 心理専門職育成プログラム】
心理学,口述試験

合格発表日

8月募集:2019年9月3日(火)

※2020年度入学者の2月入試の日程はまだ発表されていません。
2月募集:2019年2月26日(火)

応募状況

■過去の入試結果
※人間社会文化専攻全体の人数

【平成30年度】
一般入試:志願者16名,合格者10名
社会人入試:志願者1名,合格者1名

入試説明会

以下の情報は過年度のものです。
【社会文化科学研究科博士前期課程募集説明会のお知らせ】
岡山大学社会文化科学研究科博士前期課程の募集説明会を以下のとおり行います。
お気軽にご参加下さい。

事前の参加申込は必要ありません。
当日は募集要項及び大学院案内(ガイドブック)を配布いたします。

■日時:平成30年11月18日(日)13:30~15:00(終了予定)
■場所:岡山大学 文化科学系総合研究棟2階 共同研究室
■内容:Ⅰ.研究科長挨拶
    Ⅱ.教育内容の説明
    Ⅲ.学生生活・進路の説明
    Ⅳ.入試の説明
    Ⅴ.在学生の体験談
    Ⅵ.質疑応答
    Ⅶ.個別相談
■本件お問い合わせ先
  社会文化科学研究科教務学生担当
  電話:086-251-7357,7362

研究科の概要・特色

【研究深化プログラム 心理学講座】
 高度で専門的な知識と技術を持ち、人間の心理を科学的に探求することを目指す。修士論文を課し、実習、調査、測定、統計解析などの実証的方法を駆使して、心理学の研究を推進する人材を育てる。公認心理師は本プログラムおよび心理専門職育成プログラムから目指すことができるが、臨床心理士は本プログラムのみ可能である。進路は心理専門職、企業や研究機関等の研究職、大学院博士後期課程を経て高等教育機関の教育研究職が考えられる。

【高度人材育成プログラム 心理専門職育成プログラム】
 国家資格である公認心理師のカリキュラムに対応した、資格試験の合格を目指して研鑽を積むための教育を提供する。保健、医療、福祉、許言う句、産業などの分野で、国家資格を有する高度な心理専門職として、即戦力となる人材を育成する。公認心理師を目指すことは、研究に力点を置く研究深化プログラムからでも可能だが、本プログラムが実践家としての技能の習熟により力点を置く。

※上記記述にもある通り、コースにより取得できる受験資格が異なります。
■研究深化プログラム 心理学講座:臨床心理士,公認心理師
■高度人材育成プログラム 心理専門職育成プログラム:公認心理師のみ

求める人材

1.当研究科では、文学・法学・経済学の各分野において高度の知識・能力と技術・判断力を身につけた研究者や職業人を目指す入学者を求めています。
2.当研究科では、人文・社会科学の多様な分野に関わる、あるいは自然科学にまたがる複合的・学際的な新しいタイプの研究を希望する入学者を求めています。
3.当研究科では、専門的な教育や深い教養を志向する社会人を受け入れます。
4.当研究科では、キャリアアップやリーダーシップを志向する職業人を受け入れます。
5.当研究科では、「共生社会の構築」、即ち「人間と人間の共生」、「多文化の共生」、「地域における経済的・政治的な共生」等の問題に取り組むことを望む入学者を歓迎します。

担当教員

●田中 共子 教授
異文化接触の社会心理学,高齢化時代の健康心理学の研究

●堀内 孝 教授
自伝的記憶,自己と意識,自己開示

●安藤 美華代 教授
臨床心理学,臨床健康心理学,心理アセスメント,心理療法,心理教育

●上地 雄一郎 教授
愛着とメンタライジングの視点による心の健康および心理療法についての研究

●桑原 晴子 准教授
身体疾患のイメージを用いた心理療法,箱庭療法

●塚本 千秋 教授
1.学校教職員のメンタルヘルスの研究
2.思春期青年期の心理療法に関する研究

●東條 光彦 教授
教育領域における認知行動療法の適用,教員の適応,教員の感情労働

所在地・連絡先

〒700-8530
岡山県岡山市北区津島中3丁目1番1号

TEL:086-251-7604
WEB:https://www.okayama-u.ac.jp/user/hss/index.html

地図

ページトップへ