心理大学院検索
私立
関東地方 / 埼玉県

文京学院大学大学院

人間学研究科
心理学専攻 臨床心理学コース

知識と経験を深め、心の健康を支える 知識・技術を持った臨床心理士をめざします。

臨床心理士公認心理師
第一種

入試時期

年2回(10月、2月)

募集人数

心理学専攻全体で20名(1期10名、2期10名)

出願期間

1期:2018年10月9日(火)~10月18日(木) 窓口19日(金)
2期:2019年1月28日(月)~2月12日(火) 窓口13日(水)

試験日

1期:2018年10月28日(日)
2期:2019年2月17日(日)

試験科目

■一般入試
・外国語(英語)(英和辞書持込可, 電子辞書不可)、
・専門科目(心理学)
・口述試験(筆記試験合格者のみ)

提出書類

成績証明書
(社会人のみ)研究計画書

社会人入試


■社会人入試 出願資格
・一般入試の出願資格を充たし、かつ、心理・臨床心理領域
 に関連する実務経験を2019年4月1日時点で3年以上有す
 る必要がある。

■社会人入試 入試科目
・基礎能力評価
 心理学に関する基礎的知識および心理学領域の英文読解力
・口述試験(面接)

合格発表日

1期:2018年11月1日(木)
2期:2019年2月25日(月)

応募状況

非公開

入試説明会

【2018年度 文京学院大学人間学研究科 オープンキャンパス】
 8月にオープンキャンパスを開催します。個別相談ブースを設けているので、授業のこと、入試のことなど詳しく聞けます。また、入試日程の確認や、過去問をご覧いただくことも出来ます。オープンキャンパスご参加の方には、過去問題コピーもプレゼントします。修了生の論文題目も確認できるので、先生の研究室訪問にも繋がりますよ。

 人間学研究科には、保育学コース、社会福祉学コース、心理学コース、臨床心理学コースの4コースがあります。入試に関するご質問などもお受けいたしますので、ぜひご参加ください。

 当日は、学部のオープンキャンパスも開催しており、14:00までにお越しいただいた方は学食も体験できます。人間学研究科(大学院)オープンキャンパス参加ご希望の方は、下記メールにてお申込みください。

★日時         :2018年8月4日(土)、8月5日(日)、8月18日(土) 11:00~16:00
★会場         :ふじみ野キャンパス
★参加費        :無料
★申込方法        :メールにて申込み  f-hum-kyoumu@m.bgu.ac.jp

研究室訪問

可能(事前に電話/メールによる連絡が必要)

備考

キーワード
・ユング心理学
・老年心理学
・ロールシャッハ法
・SST
・認知行動療法

研究科の概要・特色

●臨床心理の基礎から広範な学問領域までを網羅
心の支援を必要とする人々の状況を理解し、心理・行動面の障害の治療・援助、およびこれらの障害の予防、心の健康を回復する方法を学びます。多彩な実績を持つ教員スタッフにより、臨床心理学に関する基礎をはじめ、広い分野にわたる心理学科目を網羅し、高度な専門知識と実践技法の修得を目指します。

●公認心理師を養成
臨床心理学コースを修了することで公認心理師の受験資格が取得できます。

●「臨床心理士」受験資格に伴う第一種指定大学院
臨床心理学コースは、(財)日本臨床心理士資格認定協会の第一種指定大学院としてのコース指定をうけています。臨床心理学コースを修了することで、臨床心理士の受験資格も取得できます。

●臨床心理学の研究・実践の場を整備
実践的な公認心理師・臨床心理士を育てるため、実習を重視しています。さまざまな領域の外部実習機関での実習のほか、本学の臨床心理相談センターでは子どもから高齢者まで地域の方々の臨床心理相談を行うとともに、学生に対する臨床教育を行っています。また、研修生制度を利用し、大学院修了後に臨床教育を継続することも可能で、公認心理師や臨床心理士資格取得に大きく役立つ環境を提供しています。

求める人材

 心理学専攻では、心理学の基本的領域の問題に対して理論的研究を深化させることを通じて実践的な領域における専門的職業人ならびに研究者の養成を目的としています。そのため、入学予定者には基礎的学力を有することに加え、下記の資質を備えた人材を求めます。
 医療や福祉・教育などの現場で、心の支援を必要とする人々の援助を行う専門職を目指す人材。また、臨床心理学に関する高度な研究能力を有する研究者を目指す人材。

担当教員

●山﨑 幸子 准教授(心理学専攻 臨床心理学コース主任)
【専門分野】老年心理学、臨床心理学
・高齢者の閉じこもり、うつに対する心理的支援の在り方

●西尾 博行 教授
【専門分野】臨床心理学
・ロールシャッハ・テストに関する研究

●横山 剛 教授
【専門分野】臨床心理学(臨床心理士)
・心理療法論
・心理療法に現れる"子ども"、"老人"
・心理療法、箱庭療法、絵画療法、夢分析過程のコスモロジー的理解

●加曽利 岳美 准教授
【専門分野】臨床心理学、認知行動療法
・抑うつと不安への認知行動療法
・クライエントとセラピストの治療的関係が認知行動療法の経過と結果に及ぼす影響
・単一事例研究法による認知行動療法の効果
・パーソナリティ特性と認知行動療法効果との関連
・抑うつを合併する慢性疾患への認知行動療法の効果
・食行動が学校適応や精神症状に及ぼす影響

●島田 栄子 准教授
【専門分野】精神医学一般(含む心身医学)、臨床精神神経薬理学、精神科リハビリテーション(退院促進、SST(social skills training))、地域精神医学、心理教育、産業精神医学、医学教育
PPST(Pharmaco-Psycho-Social Treatment 薬物・心理社会的療法)の効果、服薬遵守(アドヒアランス)の背景と心理学的要因、精神科各疾患のためのSST、感情表現のためのSST、医療従事者のためのSST

●大泉 久子 非常勤講師
【専門分野】臨床心理学、認知行動療法、スキーマ療法
・QOL向上のための心理的支援の実践
・学校臨床でのストレスマネージメント

●小俣 謙二 非常勤講師
【専門分野】犯罪心理学、社会心理学、環境心理学
・暴力・攻撃行動の分析、性犯罪加害者像の分析、性犯罪被疑者の心理の分析

●佐藤 豊 非常勤講師
【専門分野】精神科臨床
・摂食障害への包括的支援
・災害支援者支援

●松田 幸弘 非常勤講師
【専門分野】産業・組織心理学、社会心理学
・リーダーシップ
・モティベーション


キーワード

  • ユング心理学
  • 老年心理学
  • ロールシャッハ法
  • SST
  • 認知行動療法

所在地・連絡先

〒356-8533
ふじみ野市亀久保1196

入試広報センターTEL:03-5684-4870
WEB:http://www.u-bunkyo.ac.jp/faculty/graduate-college/human-policy.html

地図

ページトップへ