心理大学院検索
私立
関東地方 / 東京都

学習院大学大学院

人文科学研究科
臨床心理学専攻

心理臨床の実践力・応用力が
 身につく本質的な教育

臨床心理士公認心理師
第一種

受験生へのアドバイス

 心理学の受験問題には、基礎心理学(実験系心理学)の知識も出題されます。英語で心理学文献を読みとる力も求められます。
 学部での臨床心理学での学習の成果も大切です。

入試時期

年2回(9月、2月)

募集人数

秋期募集:9名
春期募集:3名

出願期間

秋期:2019年8月19日(月)~8月21日(木)
春期:2020年1月 8日(水)~1月11日(土)

試験日

秋期:2019年9月14日(土)、15日(日)
春期:2020年2月17日(月)、18日(火)

試験科目

一般入試
・外国語(英独仏のうち1つ)
・臨床心理学Ⅰ
・臨床心理学Ⅱ(英語あり)
・口述試験

提出書類

研究計画書、卒業論文、成績証明書、卒業(見込)証明書

合格発表日

秋期:2019年9月20日(金)
春期:2020年2月21日(金)

応募状況

■過去の入試情報

【平成30年度】
2期合計:志願者55名、受験者47名、合格者12名

【平成29年度】
2期合計:志願者64名、受験者57名、合格者15名

【平成28年度】
2期合計:志願者78名、受験者71名、合格者12名

【平成27年度】
2期合計:志願者63名、受験者54名、合格者15名

【平成26年度】
秋期:志願者54名、受験者50名、合格者11名
春期:志願者21名、受験者20名、合格者4名

【平成25年度】
秋期:志願者43名、受験者40名、合格者9名
春期:志願者20名、受験者15名、合格者6名

【平成24年度】
秋期:志願者56名、受験者51名、合格者12名
春期:志願者34名、受験者28名、合格者 1名

入試説明会

平成31年度 大学院説明会・開催日程について  

・2019年6月4日(火)

心理学専攻/16:20-17:20@西5号館301

臨床心理学専攻/16:20-17:50@西5号館303

・2019年8月2日(金)

心理学専攻/14:00-15:00@西1号館104

臨床心理学専攻/14:00-16:00@西1号館101

・2019年10月26日(土)

心理学専攻/14:00-15:00

臨床心理学専攻/14:00-16:00

研究室訪問

不可

進路状況

【臨床心理士資格審査】
最近3年間合格実績
2011年:91%、2010年:100%、2009年:100%

備考

【過去問題】
現地閲覧可(コピー可)

キーワード
・来談者中心療法
・箱庭療法
・精神医学
・遊戯療法
・フォーカシング

研究科の概要・特色

 臨床心理士養成を軸とし公認心理師受験資格に対応した充実のカリキュラムにより、確かな心理臨床力を、多様な社会の現場において活用できる主体性を持つ心理専門職の育成を目指します。心理臨床家としてのスタートを手厚い個人スーパーヴィジョンにより支えるとともに、教員全員が参加するグループスーパーヴィジョンとして機能するケースカンファレンスは、院生一人一人の臨床の知を広げ、深める刺激に満ちたものになっています。博士前期課程における心理臨床技能の習得と心理臨床学研究を深化する場として博士後期課程での指導体制も充実しています。

求める人材

 人文科学研究科博士前期課程は、学士課程において各専攻分野に関する基本的知識および研究手法を身に付けた者で、学部段階よりも一層進んだ専門的な研究手法を身に付け、それを用いて研究を遂行することが期待できる学生を受け入れる。

担当教員

■専任教員および研究分野

●伊藤 研一 教授
【専門分野】臨床心理学、フォーカシング指向心理療法
【研究内容】
フォーカシング指向心理療法を軸として、幼児から成人までの心理療法、援助に関する実践的研究を行っている。

●川嵜 克哲 教授
【専門分野】臨床心理学・心理療法における関係性および技法論
【研究内容】
心理療法の実践の中から、心理療法というものの「構造」、クライエント―治療者の「関係性」、その中でやりとりされ浮かび上がってくる「イメージ」「言語」に関心を持っている。

●田中 千穂子 教授
【専門分野】臨床心理学、子どもの心理臨床・関係性の発達臨床
【研究内容】
 特に子どものセラピーのなかでの非言語的なやりとりを可能な限り言葉に掬いとってゆくこと、及び心理療法過程を「自分づくり」という視点から精緻に捉え直して言葉にしてゆくこと、に関心がある。

●吉川 眞理 教授
【専門分野】臨床心理学・心理査定・スクールカウンセリング
【研究内容】
心理査定論を中心として心理臨床の実践活動の質の向上を目指す研究を行っている。ハンドテストに関する解釈理論の検討と臨床実践への適用可能性の検討。

●林 公輔 准教授
【専門分野】精神医学・臨床心理学・心理学療法
【研究内容】
夢や描画などのイメージを通してこころに出会うことに関心がある。そのような出会いの場である心理療法に取り組んでいる一方、精神科医として一般精神科臨床にも携わっている。

キーワード

  • 来談者中心療法
  • 箱庭療法
  • 精神医学
  • 遊戯療法
  • フォーカシング

所在地・連絡先

〒171-8588
東京都豊島区目白1-5-1

WEB:http://www.gakushuin.ac.jp/univ/g-hum/psy/in.html

地図

ページトップへ