心理大学院検索
私立
関東地方 / 東京都

日本大学大学院

文学研究科
心理学専攻 臨床心理学コース

あなたとともに 100万人の仲間とともに

臨床心理士公認心理師
第一種

入試時期

年2回(10月と2月)

募集人数

10名(社会人最大3名含む)

出願期間

1期:2018年9月5日(水)~9月19日(水)
2期:2019年1月23日(水)~2月6日(水)

試験日

1期:2018年10月6日(土)
2期:2019年2月23日(土)

試験科目

・一 般:外国語、専門科目、口述試験
・社会人:小論文、口述試験

提出書類

研究計画書、志願理由書

社会人入試


■社会人入試 出願資格
・大学卒業後、出願時に5年以上の職務経験(常勤または常勤に準ずる経験)があり、その経験が志望理由と結びついている者

合格発表日

1期:2018年10月16日(火)
2期:2019年3月6日(水)

入試説明会

【2018年 進学説明会開催】
大学院文学研究科・理工学研究科地理学専攻進学説明会を開催いたします。
参加申し込み等は不要ですので、関心をお持ちの方はぜひご参加ください。
※全体説明40分ののち、専攻別の個別説明を行う予定です。

第1回 : 平成30年4月26日(木) 17時~
第2回 : 平成30年7月15日(日) 16時30分~ (学部オープンキャンパス終了後)
場所 : 日本大学文理学部 オーバルホール(図書館3階)

進路状況

 本コースは、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会の第1種指定校となっており、修士の学位を授与されると同時に、臨床心理士を受験するための第1種指定校修了者となり、臨床心理士資格試験を受験することができます。
 本コース修了生のうち、平成29年度臨床心理士資格試験受験者の合格率は100%でした(1期生からこれまでの受験者合格率は98.9%)。

研究科の概要・特色

 臨床心理学コースでは、資格取得のみを目的とせず、基礎心理学を土台とした、臨床・研究・教育のバランスがとれた臨床心理職者の養成を基本方針とします。これまでに臨床現場で活躍している卒業生・修了生は、全国で現在300名を超えています。多くの先輩が臨床現場で活躍していることも本学の特徴です。

 心理学専攻の博士前期課程臨床心理学コースの定員は10名です。前期課程での所定の単位を取得して、修士論文を作成し論文審査に合格すると、修士(心理学)の学位が授与されます。
日本大学大学院文学研究科心理学専攻では、基礎心理学と応用心理学の両立を目指します。そのため、研究実践、研究発表など多くの活動は、心理科学コースとともに行ないます。そのうえで、臨床心理学コースでは、臨床心理学コースの必修科目や臨床現場実習が課せられます。

求める人材

 心理学専攻では、今後更なる発展が予想される心理学の諸領域、あるいは関連領域において求められる高度な学識と技能を有することで、学問の進展に寄与し、専門的職業に従事する人材を育成することを教育目的とします。
 本専攻ではこの目的のもと、心理学を創造的に社会へ還元することの意欲と適性を有する次のような学生の入学を希望します。

【臨床心理学コース】
 心理学に関する基本的な知識と技能を有していることを前提とします。そのうえで、臨床心理学の学修課題を体系的に履修し、心理臨床実践と臨床心理学研究の両面において実際に遂行する意欲をもった学生を迎え入れます。

担当教員

■教員名/専門領域

●岡田 和久 教授
 臨床心理学(ブリーフセラピー)

●菊島 勝也 准教授
 臨床心理学(児童・青年期の不適応問題)

●河野 千佳 准教授
臨床心理学

●津川 律子 教授
 臨床心理学(心理アセスメント,抑うつに関する心理支援)

●山口 義枝 准教授
 臨床心理学

●横田 正夫 教授
 臨床心理学(統合失調症の認知障害)

所在地・連絡先

〒156-8550
東京都世田谷区桜上水3-25-40

大学院入試係TEL:03-5317-8497
WEB:http://www.nihon-u.ac.jp/admissions/information/catalogs/

地図

ページトップへ