心理大学院検索
国立
東北地方 / 山形県

山形大学大学院

地域教育文化研究科
臨床心理学専攻

こころのケアに関する 専門家の養成

臨床心理士公認心理師
第一種

入試時期

年1回(10月)

募集人数

6名

出願期間

2019年9月10日(火)~9月13日(金)

試験日

2018年10月12日(土)

試験科目

外国語(英語※辞書の持ち込み可)、専門科目、面接

提出書類

研究希望調書

社会人入試


■社会人入試 出願資格
・官公庁、企業又は教育機関等に3年以上勤務している者又はしたことのある者である必要がある。

合格発表日

2018年10月25日(金)

応募状況

【平成30年度】
志願者 16名、受験者 12名、合格者 7名、入学者 5名

【平成29年度】
一般 :志願者 20名、受験者 17名、合格者 9名、入学者 7名
社会人:志願者 6名、受験者 5名、合格者 1名、入学者 0名
留学生:志願者 0名

入試説明会

■臨床心理学専攻 学生募集に係る大学院説明会について

 標記説明会を次のとおり開催します。

日時:2019年7月26日(金) 16:30~
場所:地域教育文化学部 1号館113講義室
対象:関心のある方はどなたでも歓迎します。
   学部、学年その他は一切問いません。
内容:
  ・地域教育文化研究科(修士課程)の概要について
  ・学生募集要項及び入学試験について
  ・質疑応答

研究科の概要・特色

 教育・福祉・医療・保健・産業等の領域において、臨床心理学など心理学の知識や諸技法を活かしてこころのケアに貢献できる高度な専門家を養成します。具体的には、精神科病院等の臨床心理業務や中学校のスクールカウンセリング、児童相談所の心理判定、児童養護施設における被虐待児の心理療法など、こころのケアに関する高度な業務を担うことができる専門家を養成します。
 臨床心理学専攻のカリキュラムは「大学院における公認心理師となるために必要な科目」に対応しています。学部段階で所定の公認心理師科目を履修済みの方は、大学院で所定の科目を履修し修了することにより、公認心理師の受験資格を得ることが出来ます。
 また、本専攻は財団法人日本臨床心理士資格認定協会により、臨床心理士を養成するための第一種指定大学院に指定されています。

求める人材

臨床心理学専攻は、保健、医療、教育、福祉、司法・矯正、産業等の領域において、臨床心理
学をはじめとする心理学の知識や諸技法を活かし、心理職に求められる業務遂行能力を持つ高度
な専門家を養成します。
なお、臨床心理学専攻は、(財)日本臨床心理士認定協会により、臨床心理士を養成するための第一種指定大学院に指定されています。
また、臨床心理学専攻の求める学生像は以下のとおりです。
◆求める学生像
様々な問題に実践的に対応できる臨床心理士となることに強い意欲を持つ人
心理職に求められるコミュニケーション能力を持つ人
臨床心理士になるために、臨床心理学に関する専門的な知識と技術を身につけたいという意欲を持ち、かつ、努力し続けることができる人
専門性を活かしながら社会的な役割を担うことを目指し、その実現のために努力することができる人

担当教員

■教員/研究分野

・松﨑 学 教授:教育心理学、臨床心理学、社会心理学
・菅藤 健一 教授:犯罪心理学
・藤岡 久美子 教授:発達心理学
・佐藤 宏平 准教授:臨床心理学、家族心理学
・本島 優子 准教授:乳幼児心理学
・関口 雄一 講師:発達臨床心理学

所在地・連絡先

〒990-8560
山形県山形市小白川町1丁目4-12

入試担当TEL:023-628-4310
WEB:http://www.e.yamagata-u.ac.jp/gsrec/index.html

地図

ページトップへ