心理大学院検索
以下の要項は過年度のものです。新年度の情報が公開され次第更新します。
私立
近畿地方 / 京都府

花園大学大学院

社会福祉学研究科
社会福祉学専攻 臨床心理学領域

高い専門性と豊かな人間性を育てる
充実したカリキュラム

臨床心理士公認心理師
第一種

受験生へのアドバイス

 学びたいという意欲を持って入学した社会人や留学生など、幅広い年齢層の多種多様な人々が、専門の研究を通して交流しており、お互いを刺激し高めあうことのできる理想的な学びの環境があなたを待っています。

入試時期

以下の情報は過年度のものです。
年2回(9月、3月)

募集人数

以下の情報は過年度のものです。
5名(秋季・春季の合計)

出願期間

以下の情報は過年度のものです。
秋季:2018年9月3日(月)~9月18日(火)
春季:2019年2月12日(火)~2月21日(木)

試験日

以下の情報は過年度のものです。
秋季:2018年9月29日(土)
春季:2019年3月1日(金)

試験科目

英語(辞書持込可, 電子辞書不可)、専門科目、面接・口述試験

提出書類

研究テーマとその概要・研究計画書

合格発表日

以下の情報は過年度のものです。
秋季:2018年10月6日(土)
春季:2019年3月8日(金)

応募状況

■過去の入試結果
【平成29年度】
秋季:志願者数12名、受験者数12名、合格者数6名、入学者数4名
春季:志願者数 7名、受験者数 6名、合格者数1名、入学者数1名

【平成27年度】
秋季:志願者数8名、受験者数8名、合格者数3名、入学者数1名
春季:志願者数11名、受験者数9名、合格者数5名、入学者数5名

入試説明会

【オープンキャンパス 2018】
 さまざまなイベントを用意し、みなさんをお待ちしています。
 参加については、事前の申し込みは必要ありません。時間内自由参加です。

日程:2019年6月9日(日)、7月21日(日)、8月3日(土)、8月4日(日)、8月25日(日)、9月15日(日)、11月17日(日)、2020年3月21日(土)
場所:花園キャンパス
内容:2019年入試概要説明

※大学院に特化した説明会は実施していません。

備考

キーワード
 ・発達心理
 ・精神医学
 ・行動療法
 ・カウンセラー
 ・臨床心理士

研究科の概要・特色

 花園大学社会福祉学研究科(修士課程)は、1964年以来34年間の歴史をもつ学部教育の伝統に立って、1998(平成6)年に創設されました。
 その後、学部に福祉心理学科(現、臨床心理学科)が設置されたことを受けて、2006年に社会福祉学研究科の中に臨床心理学領域が誕生しました。現在、社会福祉学研究科は社会福祉学領域と臨床心理学領域の2領域から成っています。

 本学の特徴は、実践的で専門的な講義と現場経験が豊富なすぐれた教授陣にあります。また、1学年10名(2領域合わせて)という定員枠に演習担当教員が6名(各領域に3名ずつ)配置されており、他に類を見ない少人数教育を実現しています。

求める人材

・社会福祉法制、精神保健医療、児童福祉、家族福祉、NPO法・運営、福祉調査等の研究領域の基本的な知識を持ち、将来、福祉現場のリーダー、教員等の高度な専門性を要する職業等に従事する目的を持つ者。
・人と触れ合うのが好きで人に優しく、ヒューマン・ケアの仕事をするのにふさわしいパーソナリティの持ち主が望まれる。
・また「臨床心理士資格認定協会」より認定された、第一種指定校としてのカリキュラムに沿った教育及び実習を通して、現代の多様な心の問題の解決を支える臨床心理士を目指す者。さらに国家資格である公認心理師を目指す者。

担当教員

■教員名(専門分野)
 研究領域・テーマ

●丹治 光浩 教授(臨床心理学)
 心理アセスメント全般、心理療法の技法的発展

●橋本 和明 教授(非行臨床、虐待、発達障害)
・非行や犯罪などの心理臨床についての研究
・虐待や親権、親子関係などの司法臨床についての研究
・発達障害に関する支援や心理的援助についての研究

●小海 宏之 教授(臨床心理学、神経心理学)
・臨床心理・神経心理学的アセスメントについての研究
・様々な疾患における心と脳の関係についての研究

●渡邊 実 教授(特別支援教育指導法、障害児心理学)
・知的障害児教育方法論
・知的障害児の心理と教育
・重症心身障害児の心理と教育
・発達障害児の心理と教育

●三品 桂子 教授
 精神保健福祉援助技術、精神科リハビリテーション学、コミュニティ心理学、プログラム評価

●小川 恭子 准教授(臨床心理学)
 青年期の自己にかかわる調査研究

●荒木 ひさ子 准教授(臨床心理学)
 心理療法

●妹尾 香織 准教授(社会心理学、臨床心理学、家族心理学)
 日常生活における対人行動の効果・影響に関する実証的検討および夫婦や親子など現代社会における家族関係についての臨床・社会心理学的研究

●藤井 渉 准教授
 障害者の福祉制度・政策分析、戦争と障害者

●松河 理子 専任講師(臨床精神医学、臨床心理学)
・精神疾患を抱える方の心理臨床
・精神疾患の脳画像研究
・女性のライフサイクルとメンタルヘルス

キーワード

  • 発達心理
  • 精神医学
  • 行動療法
  • カウンセラー
  • 臨床心理士

所在地・連絡先

〒604-8456
京都市中京区西ノ京壺ノ内町8-1

TEL:075-811-5181(代)
WEB:https://www.hanazono.ac.jp/education/graduate/clinical_psychology.html

地図

ページトップへ