心理大学院検索
国立
九州地方 / 福岡県

九州大学大学院(専門職)

人間環境学府
実践臨床心理学専攻(専門職学位課程)

実務教育の充実した「専門職大学院」
 質の高い臨床心理士の養成

臨床心理士公認心理師
未指定

入試時期

年2回(夏期・冬期)

募集人数

夏季・冬季合わせて30人(社会人、留学生特別選抜含む)

出願期間

夏季:2019年7月25日(木)~7月31日(水)

※冬季日程は発表されていません。2019年度の日程を掲載しています。
冬季:2019年1月4日(金)~1月10日(木)

試験日

夏季:2019年8月27日(火)、28日(水)

※冬季日程は発表されていません。2019年度の日程を掲載しています。
冬季:2019年2月5日(火)、6日(水)

試験科目

専門科目(臨床心理学および心理学に関する専門科目)、口述試験

提出書類

・研究経過報告書又は臨床実践経過報告書
・臨床実践計画書
・論文
・TOEICまたはTOEFLの成績証明書

社会人入試

■冬期募集のみ

■出願資格:卒業後3年以上の心理臨床経験を裕史、現在、心理臨床に携わる社会人(在職可)、もしくは医療・保健、福祉、教育、司法・矯正、看護の専門的業務に3年以上従事した経験を有する者で、さらに高度な専門能力を養おうとするもの。

■試験科目:筆記試験・専門科目・口述試験
  ※英語はTOEICまたはTOEFLの得点で成績評価を行う。

合格発表日

夏季:2019年9月13日(金)

※冬季日程は発表されていません。2019年度の日程を掲載しています。
冬季:2019年2月15日(金)

応募状況

■過去の入試結果
2019年度入試:志願者71名、合格者34名
2018年度入試:志願者59名、合格者29名
2017年度入試:志願者61名、合格者30名
2016年度入試:志願者59名、合格者32名
2015年度入試:志願者62名、合格者25名
2014年度入試:志願者57名、合格者21名

研究科の概要・特色

●2005年4月わが国初の臨床心理分野の『専門職学位課程』として開設
●専門知識・技法を学ぶ講義・演習と、実践力を養う学内・学外での実習とのバランスを考慮したカリキュラムです。
●本専攻修了者は、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定する「臨床心理士」の受験資格が得られ、資格試験における「論文試験」が免除されます。また所定の単位を取得することで国家資格である「公認心理師」の受験資格も得られます。

●学内実習:付属の総合臨床心理センターにおける心理相談、発達相談の実務経験
●学外実習:保健医療、福祉、教育領域での実習

求める人材

 様々な臨床心理現場との連携を深めつつ、種々の臨床心理現場に即応できるハイクォリティの臨床心理士を志す学生を求めています。

担当教員

●大場 伸恵 教授≪臨床心理士≫
専門領域:病院臨床での長年の臨床心理経験をもつ、実務家教員。子育て支援、不登校・ひきこもり、死守運気問題、臨床動作法及びイメージに関する研究。

●吉良 安之 教授≪臨床心理士≫
専門領域:体験課程療法およびセラピスト・フォーカシングの研究。大学生の抱える心理的困難に関する研究と学生相談の実践研究。

●黒木 俊秀 教授≪精神科医/臨床心理士≫
専門領域:精神科医として、長年の臨床経験がある。精神薬理学・精神疾患・精神療法(森田療法)などに関する研究。

●増田 健太郎 教授≪臨床心理士≫
専門領域:教育猟奇の実務家教員。学校に生起する諸問題(いじめ、不登校、教員ストレス)などの臨床心理学的研究。不妊カウンセリングの研究。

●佐々木 玲仁 准教授≪臨床心理士≫
専門領域:風景構成法を中心とした描画法、心理臨床場面におけるコミュニケーション、臨床心理学研究法の研究。臨床心理査定学の授業担当。

●松下 智子 准教授≪臨床心理士≫
専門領域:各種心理療法(イメージ療法、アートセラピー、ブリーフセラピー、身体的アプローチ等)を用いた個人・グループカウンセリングの実践。学生相談領域での実践および研究。

●小澤 永治 准教授≪臨床心理士≫
専門領域:社会的養護児童への臨床心理学的理解と支援に関する研究。発達障害児・者のアセスメントと支援に関する研究。

●田中 真理 教授≪臨床心理士≫
専門領域:障碍者(発達障害や知的障害等)の心理臨床に関する研究、およびアクセシビリティ環境構築のための学校・職場・家族支援に関する研究。

●遠矢 浩一 教授≪臨床心理士≫
専門領域:発達障がい治および「きょうだい児」の集団心理療法、児童養護施設における心理療法、運動障がい児の臨床動作法に関する研究。

●古賀 聡 准教授≪臨床心理士≫
専門領域:アルコール依存症や薬物依存症など嗜癖問題の心理法、児童養護施設における心理療法、運動障がい児の臨床動作法に関する研究。

●金子 周平 准教授≪臨床心理士≫
専門領域:人間性心理学に基づくカウンセリング(クライエント中心療法、体験的心理療法)、エンカウンター・グループやそのファシリテーター訓練、司法領域の支援に関する実践研究。

所在地・連絡先

〒812-8581
福岡市東区箱崎6丁目19番1号

貝塚地区事務部教務課TEL:092-642-3105
WEB:http://www.hues.kyushu-u.ac.jp/

地図

ページトップへ