心理大学院検索
国立
甲信越地方 / 新潟県

上越教育大学大学院

学校教育研究科
学校教育専攻 心理臨床コース

臨床心理士公認心理師
第一種

受験生へのアドバイス

 本学の臨床心理学コースには、様々な臨床的アプローチをとっている教員がそろっています。そのため、心理学の基礎的知識はもとより、様々な心理療法の理論について、その基本的な概念や根本的発想を事前に理解しておいていただくことが必要になります。
 具体的には、行動療法、認知療法、精神分析や力動心理療法、クライエント中心療法、家族療法などです。こうした多様な理論のすべてを完全に理解することは不可能でしょう。しかし、それぞれのアプローチの根本理念、モデル、そしてごく基本的な技法との関連性を知っておいていただくことは不可欠です。
 入学後にも、1つの事例についての検討会で、様々な立場の教員や先輩から、様々な意見が出されます。そのような中で、ご自分にあった心理療法をしっかりと身につけていくためには、事前に各心理療法の理論の概要について知っていただいておくことが望ましいです。
 心理療法の理論とは、深めれば深めるほど奥深いものです。入学後にそれをしたいただくための準備として、各アプローチの概説書などを読まれ、ノートにまとめていただくなどするのが良いと思います。

入試時期

年3回(8月、11月、3月)

募集人数

前期:23名
中期:2名
後期:若干名

出願期間

前期:2019年7月9日(火)~7月24日(水)
中期:2019年10月11日(金)~10月25日(金)
後期:2020年1月27日(月)~2月6日(木)

試験日

前期:2019年8月22日(木)
中期:2019年11月23日(土)
後期:2020年3月3日(火)
※出願状況によっては翌日も試験を行う場合がある

試験科目

●筆記試験
 1 心理学に関する外国語(英語)
 2 教育相談の実践にかかわる小論文
   又は 臨床心理学とその隣接領域     
 3 臨床心理学

 ※2は教育相談の実践にかかわる小論文又は臨床心理学とその隣接領域のいずれか一つを選択して解答する。ただし、教育相談の実践にかかわる小論文を選択できる者は、初等中等教育において3年以上の教職経験を有するものとする。
 辞書の持込みは認める。(英和辞書1冊とし、電子辞書の使用は認めません。)

●口述試験
  主としてコースにかかわる専門分野についての研究内容とこれに関連した教育活動、入学後の研究課題及び研究計画等について研究希望等調書を参考にして試問する。

提出書類

研究希望等調書

合格発表日

前期:2019年9月11日(水)
中期:2019年12月9日(月)
後期:2020年3月18日(水)

応募状況

■過去の入試結果

【2019年度】
前期:志願者28名、合格者25名
中期:志願者17名、合格者15名
後期:志願者7名、合格者5名

【2018年度】
前期:志願者28名、合格者22名
中期:志願者5名、合格者3名
後期:志願者2名、合格者0名

【2017年度】
前期:志願者33名、受験者32名、合格者22名
中期:志願者4名、受験者3名、合格者0名
後期:志願者5名、受験者3名、合格者0名

【2016年度】
前期:志願者41名、受験者41名、合格者26名
中期:志願者9名、受験者9名、合格者2名
後期:志願者5名、受験者2名、合格者0名

【2015年度】
前期:志願者49名、受験者48名、合格者30名
中期:志願者20名、受験者19名、合格者2名
後期:志願者6名、受験者6名、合格者0名

【2014年度】
前期:志願者37名(5)、受験者37名(5)、合格者27名(3)
中期:志願者 8名(0)、受験者 8名(0)、合格者 2名(0)
後期:志願者11名(1)、受験者10名(1)、合格者 1名(1)

【2013年度】
前期:志願者19名(4)、受験者19名(4)、合格者17名(3)
中期:志願者 7名(1)、受験者 7名(1)、合格者 4名(1)
後期:志願者10名(0)、受験者 8名(0)、合格者 4名(0)

【2012年度】
前期:志願者29名(5)、受験者29名(5)、合格者23名(5)
中期:志願者 9名(0)、受験者 7名(0)、合格者 3名(0)
後期:志願者 9名(1)、受験者 7名(1)、合格者 2名(0)

■機関長推薦入試結果
【2017年度】
前期:志願者9名、受験者9名、合格者7名
中期:志願者1名、受験者0名
後期:志願者0名

【2016年度】
前期:志願者13名、受験者13名、合格者9名
中期:志願者0名
後期:志願者0名

【2015年度】
前期:志願者3名、受験者3名、合格者2名
中期:志願者3名、受験者3名、合格者1名
後期:志願者0名

【2014年度】
前期:志願者5名、受験者5名、合格者5名
中期:志願者0名
後期:志願者0名

【2013年度】
前期:志願者4名、受験者4名、合格者4名
中期:志願者1名、受験者1名、合格者0名
後期:志願者0名

【2012年度】
前期:志願者7名、受験者7名、合格者5名
中期:志願者2名、受験者2名、合格者1名
後期:志願者1名、受験者1名、合格者0名



入試説明会

■2020年度入試 説明会
日時:

2019年5月11日(土) 上越会場
2019年5月25日(土) 東京会場
2019年9月21日(土) 上越会場

内容:
・大学院の概要・入試関係の説明
・教育職員免許取得プログラム(免P)の説明
・現役大学院生等の体験談
・個別相談(各コース等の教員及び事務担当が質問にお答えします。)
・附属図書館及び学生宿舎の施設見学(上越会場のみ)
※参加申込みは、参加希望日の3日前までにお願いします。
(当日参加も可能ですが、事前申込みにご協力願います。)

【お問い合わせ先】
上越教育大学 企画広報室(新潟県上越市山屋敷町1番地)
TEL:025-521-3626 FAX:025-521-3627

研究室訪問

可能

備考

キーワード
・学校臨床
・健康心理
・発達臨床
・認知行動療法
・応用行動分析
・精神分析
・カウンセリング
・学校コンサルテーション

研究科の概要・特色

  本学臨床心理学コースの受験を目指される方々には、本学修了後に「臨床心理士」資格を取得することを目標に、実習、学習、研究に努力されることを期待します。
 本学臨床心理学コースは、日本臨床心理士資格認定協会第1種指定大学院です。したがって、大学院在学中に、実習を重視したカリキュラムにそって、心理臨床の専門家になるための知識、技術、および資質を身につけることによって、大学院修了後すぐに臨床心理士資格認定試験の受験資格を得ることができます。
 私達コース担当教員も全力でみなさんの目標達成のために支援をしますが、その内容や方法はそう甘いものではありません。プロの職人を育てるのと同じように、厳しい課題や訓練をクリアしなければならないこともあります。したがって、受験の際には「臨床心理士」になるという強い意志のもとに準備されることを望みます。

求める人材

心理臨床コースでは、教育をはじめとして、医療、福祉、司法、産業など様々な分野で貢献できる心理専門職の要請ならびに現職教員の再教育を目的としていることから、下記に掲げる学生を求める。
(ア)教育及び専門領域の内容について、学士課程卒業相当の学識、技能及び研究方法を身につけている。【基礎力】
(イ)教育をめぐる現代的諸課題について、専門的な知見をもとに、その対応方策を体系的・総合的に考え、その課程や結果に適切に表現することができる。【思考力】
(ウ)学校等に対する社会のニーズを踏まえ、生活や社会、環境の中に問題を見出し、解決に向けて主体的に取り組もうとする意欲を有している。【実践力】
(エ)自己の学修課題・研究課題を明確に意識し、積極的に学修を進めていくことができる。【学び続ける力】
(オ)自己の人格及び感性を高め、多様な人々と関わりながら社会に貢献しようとする態度を備えている。【人間力】
(カ)臨床心理学及び近接領域の基礎的な知識を有している。【基礎力】
(キ)学校をはじめとして様々な臨床現場に関連する諸課題について研究と臨床の両側面から論理的に考えることができる。
(ク)心理臨床の専門的技術を修得する意欲と態度を有している。【実践力】

担当教員

■飯塚 有紀 講師
 「母親になるとはどういうことか」に注目し,子どもの気質や母親の性格特性などの観点から基礎的研究を行っている。特に,NICU(新生児集中治療室)への入院経験など母子関係構築の最早期に危機的状況を経験した母子がどのように危機を乗り越えていくのか,また,父親も含めどのように家族になっていくのかに関心を持っている。その過程において,どのような心理的支援や援助が求められているかについても研究対象としたいと考えている。加えて,心理学的方法論,特に質的研究法についても関心を有している。

■五十嵐 透子 教授
 Practioner & Scientistのスタンスから、不安のさまざまな表現型をとる状態やOCDスペクトラムへの心理臨床実践と研究と、自己の成熟状態と謝罪や感謝、ユーモアなどの対人関係における言語的および非言語的コミュニケーションの研究を行っている。また、バイオ・サイコ・ソーシャルモデルを用いたヘルスサイコロジーの観点から、さまざまな組織(医療・保険福祉・教育・高齢者など)のヘルスプロモーションとリエゾン・コンサルテーション精神保健活動を進めている。

■加藤 哲文 教授
 行動・情緒障害、発達障害のある児童・生徒への学校や家庭・地域社会での適応支援に関する臨床心理学的研究。特に、学習障害、ADHD、自閉症、不登校や社会的ひきこもり、選択性緘黙などのある児童生徒とその家族支援に関わる問題解決のために、応用行動分析や認知行動療法といった方法論や、学校・教員への行動コンサルテーションの方法論の開発研究を行っている。

■近藤 考司 准教授
 人の心を理解し,援助するための技法である描画法の有用性を高める研究を行っている。また心理職の職業的発達に関する研究を進めており,心理職の専門性の向上に寄与したいと考えている。

■田中 圭介 准教授
 過剰な心配の低減を研究テーマとして取り上げ、相談者が、心配と上手く付き合い、望ましい行動を獲得するための支援方法を検討していきたいと考えている。主に認知行動療法や自己制御に関する理論の観点から,心配を止められないメカニズムを理解し,その緩和に向けた支援方法を洗練することを目標に、研究を行っている。

■宮崎 球一 助教
 認知行動療法の立場から、不安や抑うつに関する研究を行っている。特に、メタ認知療法(Metacognitive Therapy)の基盤である自己調節実行機能モデルに基づき、調査や実験によって不安が高い者の認知的特徴を明らかにすることを目的とした基礎研究を行っている。また、基礎研究の知見を生かし、より効果的な介入法を開発することを目指して研究を進めている。

■宮下 敏恵 教授
 「~ない」という否定文の作用を通して感情・感覚・行動の制御に関する基礎的研究を行っているが、 心理療法場面におけるクライエントの発話についての研究を進めている。また教師のバーンアウトの低減に関する研究を進めており、 教師のメンタルヘルスの改善、予防に関する研究を行っている。

キーワード

  • 学校臨床
  • 健康心理
  • 発達臨床
  • 認知行動療法
  • 応用行動分析
  • 精神分析
  • カウンセリング

所在地・連絡先

〒943-8512
新潟県上越市山屋敷町1番地

入試課TEL:025-521-3293
WEB:http://www.juen.ac.jp/060admissions/010graduate/index.html

地図

ページトップへ