心理大学院検索
以下の説明会日程は過年度のものです。新年度の情報が公開され次第更新します。
公立
近畿地方 / 大阪府

大阪市立大学大学院

生活科学研究科
生活科学専攻 臨床心理学コース

こころの病理診断と心理療法実践に 携わる専門家を育成

臨床心理士公認心理師
第一種

入試時期

年1回(8月)
※定員に満たなかった場合、2月に再募集を行うことがある

募集人数

専攻全体で53名(社会人選抜若干名を含む)

出願期間

2018年7月22日(月)~7月26日(金)

試験日

筆記:2019年8月27日(火)
口述:2019年8月28日(水)
 ※筆記試験の結果指定された者のみ。

試験科目

(1)筆答試験
  ・専門、英語、基礎
(2)口述試験
  ・志望する専門について約10分行う。
※合格判定は、各科目100点満点の4割以上かつ全科目合計点
 6割以上の者の中から、口述試験を含めて総合的に行う。

提出書類

研究計画書(社会人特別選抜のみ)

社会人入試


■出願資格
一般選抜の出願資格を有し、かつ、3年以上の職業その他社会的実務経験を有する必要がある。

■試験科目
(1)筆答試験
  ・専門、英語
(2)口述試験
  ・研究計画書を含め、志望する専門について

合格発表日

2018年9月12日(木)~2019年9月18日(水)

応募状況

※生活科学研究科全コース合計人数
※()内:外国人留学生、<>内:社会人特別入試

【平成29年度】
志願者 93名(4)<18>
受験者 89名(3)<18>
合格者 54名(3)<8>…うち他大学出身 25名(3)<6>

【平成28年度】
志願者 78名(8)<9>
受験者 74名(8)<9>
合格者 41名(3)<6> …うち他大学出身 21名(3)<5>

研究科の概要・特色

 本コースは、人間の「こころの成り立ちとその働きと機能」に関する研究者の育成と、「こころの病理と心理療法」について専門的な知識を有し、臨床実践に携わる専門職の育成を目標として設置され、加えて専門職の再教育コースとしての役割も担っています。
本コースでは、時代のニーズに応えるとともに、基礎研究と臨床の広い視野と高度な専門性、即戦力の技術を身につけた専門職養成をめざしてカリキュラムを構成しています。なお、本コースでは上記の社会的要請に応えるべく、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会の大学院第1種指定校として、臨床心理士養成の役割を創設期(平成10年4月)から果たし、臨床心理士養成機関としての社会的役割を担っています。本コースに入学し、必要な単位を修得のうえ修了した者は、臨床心理士受験資格を取得でき、加えて心理職の国家資格として立法化され、平成29年に施行された「公認心理師法」に基づく公認心理師養成のためのカリキュラムを現在準備中です。後期博士課程ではさらに研究を深め、臨床心理学の研究者を養成しています。

求める人材

以下の資質を有する人を受け入れます。
1. 学部で修得した心理学に関する広範な知識をもとに臨床心理学に関する実践的な能力とコミュニケーション力を有している人
2. 心理学系以外の学部卒業者も含め、臨床心理学に対する強い関心と実践的な知識と技能を修得し、医療・福祉・教育、司法等々の分野で社会に貢献したいと考えている人。
3. 人に関する深い思索、自己研鑽へのたゆまない努力を行っていく資質のある人

担当教員

■教員(専門分野)
・三船 直子 教授:精神病理・発達障がいの研究、心理療法の研究
・館 直彦 特任教授:精神分析学、児童青年期精神医学
・弘田 洋二 特任教授:心理アセスメント、心理療法の研究
・篠田 美紀 准教授:高齢期の心理臨床に関する研究、心理療法の研究
・長濱 輝代 准教授:母子心理臨床の研究、心理療法の研究
・後藤 佳代子 講師:青年期の心理臨床の実践、青年期心性についての研究

所在地・連絡先

〒558-8585
大阪市住吉区杉本3-3-138

生活科学研究科・生活科学部事務室
TEL:06-6605-2801
WEB:https://www.life.osaka-cu.ac.jp/

地図

ページトップへ